徹底して山形に密着したフリーペーパー

ごきげんライフのすすめ

十日町ようこクリニック
深瀬 洋子(ふかせ・ようこ)先生
ごきげんライフのすすめ
1984年山形大学医学部卒業、山形大学大学院医学研究科修了。医学博士。山形大学第二内科、山形県結核成人病予防協会、東北中央病院勤務を経て2009年9月「十日町ようこクリニック」開業。内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医など。
 ビタミンCには(上)で紹介した抗酸化作用以外にも多彩な働きがあります。
2013年3月22日
 ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれ、壊血病を予防する栄養素として1753年にイギリスで発見されました。
2013年2月22日
 私たちの身体はコラーゲンや筋肉、細胞などの構造たんぱく質で構成されており、体重の約16%はたんぱく質です。
2013年1月25日
 たんぱく質を英語でプロテインと言いますが、その語源はギリシャ語で「何よりも大切なもの」という意味です。
2012年12月28日
 成人の体内には約2グラムの亜鉛が含まれ、前立腺や眼、骨髄、筋肉などに分布しています。
2012年11月23日
 アトピーや花粉症、喘息(ぜんそく)に悩む人や血栓が心配な人はできるだけリノール酸を減らすことが賢明です。
2012年10月26日
 とかく敬遠されがちな油ですが、油を構成する脂肪酸は細胞膜の重要な材料。特に人間が体内では合成できないため必ず摂取しなければならないのが必須脂肪酸です。
2012年9月28日
 私たちの腸には摂取する食物から必要な栄養素を吸収し、有害物は拒むという芸当ができます。
2012年8月24日
 実は私たちの口からは毎日、多くの細菌やウイルスが侵入しています。それでも病気や下痢になるのが希(まれ)なのは腸にバリア機能があるからです。
2012年7月27日
 長期的に喉(のど)がつまる、つかえるといった喉の不快感をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
2012年6月22日
 「最近だるくて」とクリニックにいらしたSさん(52歳女性)は数週間前からコレステロールの薬を飲んでいました。
2012年5月25日
 前回は善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)についてご説明しましたが、今回は悪玉のLDL対策です。
2012年4月27日
 一般には「コレステロールが多い」→「動脈硬化になる」と思われがちですが、厳密には正しくありません。
2012年3月23日
 ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にするビタミンですが、最近ではそれ以外にも様々な働きがあることが分かってきました。
2012年2月24日
 受験シーズンですね。受験生にとって大切なのは体調管理で、今回は食生活の注意点を挙げておきます。
2012年1月27日
 一般には「コレステロールが高い」というと「動脈硬化」などと連想されがちですが、コレステロールそのものは決して不要のものではありません。
2011年12月23日
 皮膚のもっとも外側にあり、厚さ1ミリにも満たない表皮が肌の滑らかさや潤いを左右します。
2011年11月25日
 予防したい肌トラブルにはシミもあります。
2011年10月28日
 シミひとつないもちもちした美しい肌は女性の憧れ。肌年齢は30歳から差が出始めるとされ、美肌のために必要なことを考えてみましょう。
2011年9月23日
 低血糖症の診断には、患者さんに一定量のブドウ糖を飲んでもらい、時間の推移とともに血糖値がどう変わるかを調べる糖負荷検査を用います。
2011年8月26日
 皆さんは低血糖症をご存じですか?
2011年7月22日
 スポーツで好成績を期待するうえで栄養は欠かせません。今や一流アスリートは栄養サポートを受ける時代です。
2011年6月24日
 前回、正しいダイエットのためには糖質の過剰摂取→インスリンの過剰分泌→肥満という悪循環を断ち切る必要があり、そのために食事の糖質を制限することが重要だというお話をしました。
2011年5月27日
 今号と次号の2回に分け、男女を問わず関心の高いダイエットについてお話しします。
2011年4月22日
 震災や原発事故への不安、さらにはガソリンや日用品の品不足などでストレスがたまったり、眠れない夜があったりしませんか?
2011年3月25日
 身体に不調を感じて病院に行ったところ、血液検査でも何ら異常が見当たらなかったという経験はありませんか?
2011年3月11日
 今回は風邪をひきたくない、風邪を早く治したいという方に耳寄りなお話です。
2011年2月11日
 待望の赤ちゃんを出産してからなぜかイライラするようになり、旦那さんにあたりちらすようになったAさん(28歳)。原因は鉄不足でした。
2011年1月14日
 読者の皆様は「かくれ貧血」をご存知ですか?
2010年11月26日