徹底して山形に密着したフリーペーパー

《せっかく行くならこんな店!》 そば屋 惣右ェ門

2010年10月22日
 そば処の山形にあってそば専門店として屈指の歴史を持つ老舗「そば屋惣右ェ門」。国道13号沿いにあり、民芸調の堂々とした店構えと無垢(むく)の丸太を半切りにした巨大看板が目印です。
《せっかく行くならこんな店!》 そば屋 惣右ェ門

 木の香り漂う店内はテーブル席と小上がりの落ち着いた本館のほか、数寄屋風の奥座敷もあって客席は全部で150。そう聞けば知らない方は大味なお店を想像されるかもですが、そこは老舗、味も折り紙つきです。
 
 看板メニューは「太打ち板そば」(1130円)。風味と噛みごたえがたまらない田舎風そばで、カツオだしのきいた濃い目のつゆとのバランスも絶妙ですが、今日は鈴木邦昭店長に勧められ「太打ち板そば」を温かい「鴨つけ汁」(410円)でいただきます。
 使用している鴨は合鴨ではなく濃厚な味わいを持ちながら臭みも少ないフランス鴨。実際、運ばれてきた見た目の濃いつけ汁は鴨の良質な脂がキラキラと膜をつくっていて艶(なまめ)かしいほど。

《せっかく行くならこんな店!》 そば屋 惣右ェ門

 これに惣右ェ門自慢の太打ちそばをからめて口に含むと、鴨の美味しい旨みがめんにしっかりとコーティングされ、言葉では言い尽くせないほどの味わい! 
 つけ汁にはほのかに三つ葉の香りも漂い、しつこさを全く感じさせません。鴨も歯ごたえがあってジューシー。あっという間にたいらげてしまいました。 
 
 鈴木店長のもうひとつのお勧めは「生桜えびかき揚げ天麩羅」(600円)で、駿河湾直送の桜エビを使った豪華な逸品。ぜひお試しあれ。

《せっかく行くならこんな店!》 そば屋 惣右ェ門
そば屋 惣右ェ門
TEL 023−633−0055
山形市早乙女一番地
●営業/11時〜20時(平日16時〜17時迄は準備中)
●定休日/毎週火曜日(祝日の場合は営業)