徹底して山形に密着したフリーペーパー

《おしえて!編集長》 詳しく知りたい 「お盆」のこと

2010年8月13日
 猛暑が続くなか、今年もお盆の季節がやってきました。「ふるさとで墓参り」という人たちで山形がにぎやかになるのもこの時期。これを機会にお盆のこと、詳しく勉強しちゃいましょう。
《おしえて!編集長》 詳しく知りたい 「お盆」のこと

お盆とお彼岸は違うんでしたよね。

 「おっ、よく覚えてたね。どっちも亡くなった人や先祖の霊をしのぶ仏教行事だけど、お盆の発祥はインドで、中国を経由して日本に伝わった。春と秋のお彼岸は平安時代に広がった浄土思想が起源で、古くからの農耕文化と融合した日本独自の風習だ」

お盆って確か、拷問の刑に処せられてる人を助けるために始まったとか。

正式名称「盂蘭盆会」

 「当らずとも遠からずだけど、そもそもお盆の正式名称は『盂蘭盆会(うらぼんえ)』っていうんだ。これはインドのサンスクリット語の『ウラバンナ(逆さ吊り)』を音写したもの」
 「お釈迦(しゃか)様に目連尊者(もくれんそんじゃ)という弟子がいた。ある日のこと、目連尊者は死んだ母親が餓鬼道(がきどう)に落ちて逆さ吊りにされて苦しんでいることを神通力で知る。母親を救うにはどうしたらいいかお釈迦様に相談した」 

《おしえて!編集長》 詳しく知りたい 「お盆」のこと

フム、フム
 
もとは7月盆

 「するとお釈迦様はこう言った。夏の修業が終わる7月15日に多くの僧侶を招き、飲食物を捧げて供養すれば母親を救えるって。目連尊者が教えられたとおりにしたところ、母親は極楽往生を遂げることができたんだってさ」
 「それにちなみ、日本でも7月15日は親族が一堂に会して亡くなった人や先祖をしのぶというお盆の風習が行われるようになったというわけ」

お盆って8月15日前後じゃなかったんですか?

8月盆は明治以降

 「今はね。1カ月遅れになったのは明治になって新暦が採用されてから。当時は国民の大部分を農家の人が占めていて、新暦の7月15日だと農繁期でお盆どころじゃなくなるわけだ」
 「それで国民みんながゆっくりお盆を迎えられるようにと全国的に8月盆が定着したってわけ。今でも7月盆が残ってるのは東京と南関東の一部だけみたいだね」

《おしえて!編集長》 詳しく知りたい 「お盆」のこと

お盆の行事で全国共通のルールってあるんですか?

祖先の霊と過ごす
 
 「それこそ地方各地や宗派によって違うらしいんだな。ただ先祖の霊が帰ってきて、お盆の期間中は家族と祖先の霊といっしょに過ごすっていう考え方は共通してる。そのために家族でお迎えに行き、お見送りをする儀式が様々の形で行われる」

編集長の家ではどうやってやるんですか?

浄土真宗「お盆なし」

 「だから前にも言ったけど、俺の実家は浄土真宗なの。浄土真宗は宗派の教えとしてお盆の行事はやらないらしい。死んだら全員が極楽浄土にいけるらしくて、ウラバンナの目にあってる先祖はいないことになってる」

編集長だけは例外だと思いますけどね。