徹底して山形に密着したフリーペーパー

《せっかく行くならこんな店!》 自家製麺 麺藤田(めんどうだ)

2010年5月28日
 JR山形駅のほど近くに5月22日オープンしたばかりのつけ麺専門店「麺藤田(めんどうだ)」。ご主人の藤田俊彦さん(31)は箱根のフランス料理店や東京目黒のつけ麺店で修業を積んだ経歴の持ち主で、「郷里の山形に帰って新風を巻き起こしたい」と満を持して開店にこぎつけました。
《せっかく行くならこんな店!》 自家製麺 麺藤田(めんどうだ)
 基本のメニューはつけ麺とラーメンだけ(いずれも税込800円〜)。このあたりに店のこだわりと自信がうかがえます。イチ押しのつけ麺を注文して待つことしばし。運ばれてきたのは鈍い光沢を放つ太麺と、いかにも濃厚そうなスープ。期待が持てそう!
 太麺をスープに浸して口に運んだ瞬間、ある種の衝撃が走ります。麺はモチモチしていて噛みごたえがあり、紛れもなく小麦の風味が。その麺に負けない和風ポタージュのようなスープの力強さ、おいしさ。期待が裏切られなかったことの感激に浸りながら、黙々と麺を浸しては口に運び、アッという間に完食。
《せっかく行くならこんな店!》 自家製麺 麺藤田(めんどうだ)
5/28
 藤田さんによれば、麺は自家製麺。スープは鶏と魚をぜいたくに使用、化学調味料は使わず天然の素材にこだわっているとか。聞いて納得。濃厚ながら飽きがこず、しつこさを感じさせないのはそのせいなんですね。
 店名は「めんどうくさいくらい麺にこだわる」「この麺どうだ!」という意味も持たせているのだそう。食べれば病みつきになる掛け値なしの山形ラーメン店のヌーベル・キュイジーヌ(新しい料理)、一度お試しあれ。
《せっかく行くならこんな店!》 自家製麺 麺藤田(めんどうだ)
自家製麺 麺藤田(めんどうだ)
山形市香澄町1−7−1
TEL 023−673−9109
●営業/月〜土曜日の11:30〜14:30、18:30〜スープ切れまで
●定休日/日曜日