徹底して山形に密着したフリーペーパー

あなたの目 健康ですか?/(26)眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

2010年4月23日
 疲れた時などに瞼(まぶた)がピクピクと痙攣したことはありませんか? 今回は読者から寄せられた質問の「眼瞼痙攣」についてお答えします。

多い中高年、女性の発症

 眼瞼痙攣は文字通り瞼が痙攣して瞬きや目の開閉に支障をきたす病気です。中高年に多く発症し、男女比では1対2〜3で女性に多いのが特徴です。目の違和感を訴える方の中にみられ、ドライアイや眼精疲労などとの鑑別が大切です。

あなたの目 健康ですか?/(26)眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

次の質問に当てはまるものはありますか?
 
  ・まばたきが多い
 ・外または屋外でとてもまぶしい
 ・目を開いていられない
 ・目がしょぼしょぼする
 ・乾くなどいつも目のことが気になる
 ・人やものにぶつかってしまう
 
 これらの症状がある場合は眼瞼痙攣が疑われます。治療は目の表面の炎症や疲れなど別の誘因がある場合にはその治療を行います。漢方の内服が効果的な方もいます。
 
ボツリヌス治療

 これらの治療で効果が不十分な場合、ボツリヌス(ボトックス)治療を行います。ボツリヌス製剤を眼輪筋(がんりんきん)という瞼の筋肉に注射して筋肉の緊張を和らげます。注射はボツリヌス治療の資格を持った医師が行います。
 
専門医に相談を

 瞼がピクピクしたという経験がある方や先の質問に当てはまった方は、一度専門医に相談することをお勧めします。


あなたの目 健康ですか?/(26)眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

高橋 義徳(たかはし・よしのり)
1990年(平成2年)山形大学医学部卒業後、同大学眼科講師、ウプサラ大学留学を経て2007年10月に金井たかはし眼科を開院。日本眼科学会専門医。