徹底して山形に密着したフリーペーパー

健康講座・医学のうんちく

山形徳洲会病院の先生による健康講座
健康講座・医学のうんちく
各分野の専門の先生によるお話です。
 人によってトレーニングの目的は様々ですが、トレーニングのやり方を間違っている人も見かけます。正しい知識で高い効果を目指しましょう。初回はダイエットの有効なトレーニング法です。
2009年7月24日
 肩こりでお悩みの方は多いと思います。そもそも肩こりとは、同じ姿勢をとり続けることによる血行不良が原因とされています。
2009年7月10日
 手や指の痛み、しびれなどの障害は日常生活の負担も大きく、とても不便なものです。手や指の代表的な2つの疾患を紹介します。
2009年6月26日
尖圭(せんけい)コンジローマ
2009年6月12日
梅 毒
2009年5月22日
 前号で性行為によってもたらされる性感染症の概略をお話ししましたが、今号からは症状の具体例を紹介しましょう。
2009年5月8日
 性感染症とは性行為(セックス)によってウイルス、細菌、原虫などが性器や泌尿器、口腔などに接触することで感染する病気です。
2009年4月24日
精索静脈瘤と手術療法
2009年4月10日
 夫婦が通常の性生活を行っている場合、1年間で85%が妊娠します。そのため不妊症は「通常の性生活がありながら1年以上妊娠に恵まれない状態」と定義されています。その割合は約15%、8組に1組といわれています。
2009年3月27日
300人に1人が発症
2009年3月13日
 新生児の男の子にみられる外性器異常に「停留精巣」があります。
2009年2月27日
 前回、男性器の亀頭部分を包皮が覆っているのが「包茎」で、包茎には勃起時に包皮が剥けて亀頭が現れる「仮性包茎」、勃起時でも亀頭が現れない「真性包茎」、勃起時に亀頭が現れるものの剥けた包皮が亀頭を締め付ける「カントン包茎」があることをご説明しました。
2009年2月13日
 今号から4回にわたり「男子外性器異常」を解説します。1回目は「包茎」のお話です。
2009年1月23日
 野球やバレーボール、ハンドボールなど「オーバーヘッド動作」でボールを打ったり投げたりするスポーツでは肩を痛めてしまうことがあります。しばらくスポーツを休めば痛みは和らぎますが、復帰するとまた痛み出すことが多いものです。なぜ肩は痛くなるのでしょうか。そしてその治療や予防はどうすればいいのでしょうか。
2009年1月9日
 50歳前後の方が肩の痛みを訴えた時、周囲からは「五十肩(ごじゅうかた)だから自然に良くなる」と言われたりします。
2008年12月26日
冬に向かって体脂肪UP!?
2008年12月12日
 「骨粗しょう症」は骨の量が減ってスカスカになり、骨折しやすい状態になる病気です。ちょっとしたことで脚のつけねの骨や背骨が折れてしまい、歩行困難や寝たきりにつながってしまいます。骨折に至らずとも背中や腰に慢性の痛みが生じやすく、日常生活の活動低下を招きかねません。
2008年11月28日
 今回お話する健康寿命とは、心身ともに自立した状態で生き続けられる期間を指します。最近では単に長生きするよりも、質の高い生活を送ることができる期間を延ばしたいという考えから、年齢寿命よりも健康寿命が重要視されています。
2008年11月14日
 今回はオランダ製の姿勢評価測定器「ポスチャルアナライザー&ミラー」とフランス発の最新フィットネス機器「ユベール」を紹介します。
2008年10月24日
最新マシン「キネシス」

 今回はイタリア発の最新フィットネス「キネシス」をご紹介します。
2008年10月10日
 今回みなさんにご紹介するのは北欧ノルウェー発のスリングエクササイズです。
2008年9月26日
O2カプセルをご存知ですか?
2008年9月12日
 みなさん、こんにちは。今号では皮膚科医の立場からお話させてもらいます。
2008年8月22日
 7月にオープンしたスポーツクラブ「ラ・ヴィータ」。天然温泉を利用した全国でも珍しい健康増進・疾病予防施設だとか。そこで私、やまコミ編集部員の安斎妙子が「健康的により美しく(?)」を目指してフィットネスに挑戦してきました。
2008年8月8日
 前号で慢性の症状を有するスポーツ障害について説明しました。体が発する危険信号が黄色であれば、症状とうまく付き合いながらスポーツを続けることは可能です。ですが、危険信号が赤色に変わったら無理にスポーツを続けると大きな問題を生じることがあります。
2008年7月25日
 前号まではスポーツ外傷について足関節ねんざを例に挙げ、応急処置と早期スポーツ復帰のポイントについて説明しました。今回からは慢性の症状を有するスポーツ障害についてお話しましょう。
2008年7月11日
 前号ではケガからの早期復帰のカギRICE処置」について説明しました。今号ではRICE処置後の次のステップについてお話しましょう。
2008年6月27日
 日差しが暖かさを増し、スポーツを楽しむ方が増える季節になりました。でもスポーツにつきものなのがケガ。そこで今回からはスポーツ傷害についてお話します。
2008年6月13日
 検診で発見される前立腺ガンの約60%が早期であるのに対し、外来受診で発見される早期ガンは約40%です。50歳を過ぎた方は症状がないからといって放置せず、集団検診や人間ドックを利用して年1回はPSA検査を受けることをお勧めします。
2008年5月23日
 前立腺ガンは典型的な高齢者発生ガンです。
2008年5月9日