徹底して山形に密着したフリーペーパー

健康講座・医学のうんちく

山形徳洲会病院の先生による健康講座
健康講座・医学のうんちく
各分野の専門の先生によるお話です。
 男女の脳の構造は異なります。前回の男性への対処の仕方に続き、今回は女性への対処法です。
2014年7月25日
 前回までは男性脳と女性脳の特徴でしたが、今回からはそれぞれへの対応についての考察です。まずは男性脳への対応の仕方を伝授しましょう。
2014年7月11日
 前回は男性の脳の特徴でしたが、今回は女性の脳の特徴です。
2014年6月27日
 これまで男性の脳と女性の脳は異なることをご説明してきましたが、男女が日常生活を円滑に送るためには異性の脳を理解することが重要です。
2014年6月13日
 これまで男女によって得意・不得意があること、また男女により脳の発達具合に差があることを説明してきました。
 これらのことを踏まえ、高校教育までの過程で男女共学と男女別学のどちらが子どもの学力を伸ばすかについて皆さんと考えたいと思います。
2014年5月23日
 脳の発達具合でも男女差があります。
2014年5月9日
 経済協力開発機構(OECD)が2012年に行った国際的な学習到達度調査(PISA)によれば、数学的知識は男子が女子より平均で11点高く、読解力は女子が男子より38点高く、科学的知識は男女差が1点しかありませんでした。男性は理数系、女性は文系と言えそうです。
2014年4月25日
 一般的知能に男女差はありませんが、得意な分野や得意なことでは性差がみられます。
2014年4月11日
 嗅覚(きゅうかく)は五感の中でも独特の感覚です。
2014年3月28日
 聴覚の良し悪しは、振動数が一定の音をどこまで小さい音量まで聞き分けられるかで決まります。聞き分けられる限界は女性の方が男性より低く、女性の方が男性より音を感じる能力が高い傾向があります。
2014年3月14日
 少し前に「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が大ベストセラーになりました。
2014年2月28日
 味覚、視覚、聴覚、嗅覚、触覚を五感と言いますが、いずれも男女差があることをご存知でしょうか?一般に女性は男性よりも感覚に優れ、視覚以外のすべての感覚で男性より敏感とされます。
2014年2月14日
 平均寿命が延びて元気な高齢者が増える一方で、高齢者による強制わいせつ、公然わいせつといった性犯罪も増えています。
2014年1月24日
 高齢者の性行動において肉体的満足感と精神的満足感に男女差がありますが、当の高齢者がそのことを十分に理解しているとは言い難いのが実情です。
2014年1月10日
 陰茎にしこりができ、屈曲を引き起こす陰茎硬化症という病気があります。フランスのルイ15世の主治医であったペロニーが初めて報告したことから、ペロニー病ともいいます。
2013年12月27日
 男性の生殖能力は年齢とともに低下していきます。
2013年12月13日
 中高年の性生活が活発になるのに伴い、性感染症にかかる中高年も増加傾向にあります。
2013年11月22日
 高齢男性の性機能低下は加齢に伴う男性ホルモンの分泌低下が原因です。性機能低下は主に勃起障害(ED)と性欲減退です。
2013年11月8日
 前回まで2回にわたり高齢者施設に入所している男女の性意識について考察してきましたが、今回は番外編として、男性入所者と女性職員の関係を考えてみましょう。
2013年10月25日
 高齢者施設には様々な種類がありますが、全体の30%近い施設において男女間の性の問題を抱えているようです。
2013年10月11日
 老人ホームなど高齢者施設内における男女の問題は、昔も今も悩ましい要素をはらんでいるようです。施設内の男女は家族から離れて集団生活を営んでおり、在宅の男女より人間関係が濃密になりがちです。
2013年9月27日
 高齢になっても性交を継続している方がいらっしゃる一方で、性交を停止される方もいらっしゃいます。
2013年9月13日
 高齢者の多くが悩まされている膝の痛み。でも忍耐強い日本人の国民性によるものか、痛みを我慢して日常生活を続け、さらに症状を悪化させてしまう方もいらっしゃいます。膝の痛みと向き合い、どう治療すればいいのかを山形徳州会病院の大沼寧先生に伺いました。
2013年8月23日
 性行為は肉体的な満足を目的とするものではありません。生殖を目的としない場合でも、性交を2人で行うのは、単に肉体的満足だけではなく、精神的な満足感や充実感を求めているからです。しかしながら、現状は少し違うようです。
2013年8月23日
 わが国における高齢者の結婚率は欧米の2分の1から5分の1に過ぎず、老婚後進国になっています。
2013年8月9日
 前回のコラムで紹介したように、歳をとるほど男女の性的欲求の乖離(かいり)は広がる傾向にありますが、成熟した性生活を築くにはどうすればいいのでしょうか
2013年7月26日
 日本では1973年に保健師の大工原秀子さんが60歳以上の高齢者の性意識や性行動について初めて報告しています。
 それによれば性的欲求がない男性は9・6%、女性は57・8%で、性行為を欲する男性は54・7%、女性は6・3%と男女間にかなりの隔たりがありました。
2013年7月12日
 男性の性機能は精巣から分泌される男性ホルモンが減少し始める30歳ごろから次第に衰えます。
 米マサチューセッツ大学男性加齢研究は、勃起障害(ED)は40歳代で約40%、50歳代で約50%、60歳代で約60%、70歳代で約70%に認められると報告しています。
2013年6月28日
 ここ数年、高齢者の性に関する情報が様々な形で発信されていることにお気づきでしょうか。
2013年6月14日
 男性不妊症の原因のひとつに「逆行性射精」があります。
2013年5月24日