徹底して山形に密着したフリーペーパー

ガンバレ!J1モンテディオ山形

2010年2月26日
 2010年のJリーグ開幕まで1週間と迫りました。長崎県雲仙市から宮崎市入りしたモンテは18日から第3次キャンプを開始しています。
ガンバレ!J1モンテディオ山形
 午前は体力面を強化するフィジカル系トレーニング、午後はサッカーの技術を高めるトレーニングが行われていますが、開幕を前にしてそれぞれメニューに若干の変化が加えられています。
  まずフィジカル系トレーニングですが、ペース走の距離が短くなりました。ペース走とは決められた距離を一定のペースで走り、これを何本も繰り返す走り方です。第1次キャンプのグアムでは1000メートルを8本。それが第2次キャンプの雲仙では666メートル、333メートルと距離を短くし、その分、本数を多くしています。
 試合では攻守が入れ替わるたびに攻め上がったり自陣に戻ったりを繰り返しますが、距離を短くすることでより実際の試合に近い走りに近づけるわけです。
 もっとも速いグループは60秒以内に1周を終えなければいけません。しかも60秒のインターバルを置いて次のスタートが待っています。これを12本走ります。
  午後もより実戦に近いトレーニングになっています。特に宮崎入りしてからは連日、試合と同じように11人の選手を配置し、どうやってゴール前までボールを運ぶかの共通意識づくりに重点的に取り組んでいます。今シーズンは質の高い選手が数多く新加入したことで組み合わせの選択肢をいろいろと試しています。
 3月からは開幕戦の相手、湘南ベルマーレを想定した具体的な戦術練習も始まります。試合に勝ってみなさんが喜びを感じた時、その裏で選手たちが厳しいトレーニングに耐えていたことを思いおこしてみてください。

ガンバレ!J1モンテディオ山形
佐藤 円(さとう・まどか)
1968年、山形県鶴岡市生まれ。ウェブサイト「J's GOAL」やサッカー専門紙「EL GOLAZO」等でモンテディオ山形担当ライターとして活動中。