徹底して山形に密着したフリーペーパー

考えてみませんか お金のこと/確定申告について(2)

2010年1月22日
 都会ほどではないにせよ、ここ山形でもビジネスマンや主婦などの間で不要な物をインターネットを使ったオークションに出品してお小遣いを稼ぐ人が増えてきました。

ネット競売と確定申告

 ある調査会社によれば、こうした「ネットオークション」の販売額は全国で約1兆円に達するとか。山形市内で1年間に取引される商品の販売額が約1兆円ですので、ざっと同じ規模ですね。さて、個人がネットオークションで得た収入は確定申告が必要でしょうか?  

考えてみませんか お金のこと/確定申告について(2)

何を売ったかが焦点

 自身や家族が生活のために使用していて不要になった家具や衣服などの「生活用動産」を売った場合には税金はかかりません。ただし、貴金属、書画や骨董品などで1個または1組の価額が30万円を超えるものは例外です。また、販売目的で仕入れた物を売った場合も税金がかかります。

経費を控除して課税

 税金は「収入」から「経費」を差し引いた「所得」に対して課税されます。ネットオークションに直接必要な経費としては利用料金、プロバイダ料金、商品梱包・発送費用、銀行手数料などでしょう。

所得額でも違い

 確定申告が必要か不要かは、給与所得者か専業主婦かなどによって分かれます。給与所得者なら給与、退職金以外の所得が20万円超で必要となります。他に収入のない主婦や学生なら所得が38万円超で確定申告が必要となる上、扶養親族から外れなければなりませんので注意が必要です。
 
生業の場合は例外

 なお事業としている場合、事業以外でもともと確定申告が必要な人は、ネットオークションの所得が小額であっても申告しなければなりません。


考えてみませんか お金のこと/確定申告について(2)
旭会計事務所
ファイナンシャルプランナー 齋藤 美穂