徹底して山形に密着したフリーペーパー

ガンバレ!J1モンテディオ山形

2009年12月25日
 12月5日に今季最終戦を終えたモンテは約2週間の調整練習をこなし、18日のミーティングをもって今季は解散となりました。来季のチーム始動は1月下旬の予定です。
ガンバレ!J1モンテディオ山形

 それまでの約1カ月間、選手たちは蓄積した1年の疲れを取り除くことに充てますが、コーチから個別に渡されたメニューをこなしたり、正月には出身高校・大学や地域の「初蹴り」に参加したりと来季に向けた準備も少しずつ始めていきます。

                      
 
 選手たちのオフ突入と同時に大詰めを迎えるのが来季のチーム編成。期待する新加入選手は本当に来てくれるのか、期限付き移籍の選手は来季もモンテでプレーしてくれるのか、サポーターはやきもきしながら朗報を待つことになります。
 もうひとつ気になるのが今季限りでチームを去る選手たちの去就です。クラブは財前宣之選手や渡辺匠選手など7選手と来季の契約を結ばないと発表し、浦和レッズから期限付き移籍の赤星貴文選手も今季限りでチームを去ることが決まっています。
 すでに今季途中で契約解除になったアンドレ・シルバ選手やジャジャ選手も含めるとモンテのユニフォームを脱ぐのは10人になります。全選手の約3分の1が入れ替わることになり、J1定着に向けクラブは厳しい決断を下しました。

ガンバレ!J1モンテディオ山形

                        

 日本人選手のうち財前選手以外は現役続行を表明、12月9日にはJリーグ合同トライアウトに参加しています。各クラブの監督や強化担当者にそこでのプレーが認められればオファーを受けて契約交渉に進みますが、声がかからなかった選手はまた新たな移籍先を探さなければなりません。厳しい世界なのです。
 ただ戦力外通告を受けた選手たちの大半は他チームの戦力外になったことでモンテに移籍してきました。もし次のチームが見つかれば、モンテでそうだったようにその土地のサポーターに愛され、また充実したサッカー人生を続けることになるでしょう。


ガンバレ!J1モンテディオ山形
佐藤 円(さとう・まどか)
1968年、山形県鶴岡市生まれ。ウェブサイト「J's GOAL」やサッカー専門紙「EL GOLAZO」等でモンテディオ山形担当ライターとして活動中。