徹底して山形に密着したフリーペーパー

地域ニュース

 せんべいやあられなどの米菓製造で大手のもち吉(福岡県直方市)の直営店が24日、山形市桧町にオープンする。同社にとっては全国222店目で、東北では2店を構える福島に続いての進出になる。
2018年3月23日
 ヤマザワの子会社、サンコー食品(山形市、遠藤善也社長)は北町の惣菜工場を刷新する。現在の工場が手狭になり、設備の老朽化も進んでいることから、新たな用地を確保して新工場を建設する。投資額は12億円前後を見込んでおり、来年夏の完成を目指す。
2018年3月23日
 酒田市美術間で「どうぶつたちの棲む森・はしもとみおの木彫りの世界展」が開かれている。
2018年3月23日
 山形市旅篭町2の「旧木村邸」跡に、新たなにぎわい拠点を目指す「gura(ぐら)」がオープンした。
2018年3月23日
 清酒「沖正宗」やモンサンワインなどの醸造元で、150年以上の歴史を持つ浜田(米沢市、濱田淳社長)が、ワイン醸造や宿泊施設の運営を手がけるレゾンディレクション(兵庫県尼崎市、清川浩志社長)に事業譲渡したことが明らかになった。浜田の社名や沖正宗などの商標は存続し、全従業員もレゾン社が引き継ぐという。
2018年3月9日
上山市石崎の書店「本のビッグバン」が4月30日で閉店する。1987年の開店以来、上山の活字文化を支える拠点として地域に親しまれてきたが、活字離れ、スマホの普及など書店を取りまく環境が厳しくなる中、惜しまれながら31年の歴史に幕を下ろす。
2018年3月9日
 日本自動車販売協会連合会(自販連)の第21代会長に、山形日産グループの小関眞一代表(61、写真)が就任した。自販連は約1500の自動車販売店で組織する全国団体で、東北から会長を輩出するのは初。
2018年3月9日
 天童市一日町の旧多田木工工場跡地の北半分に、パチンコホール大手のダイナム(東京都)が進出することが分かった。北半分ではすでにドラッグストアチェーンの薬王堂(岩手県矢巾町)が店舗の建設工事に入っており、2社を軸に跡地開発が進むことになる。
2018年2月23日
 農業資材や食料品・酒類販売のグラントマト(福島県須賀川市)は、東根市温泉町の東根店を同市中央南の旧ケーズデンキ東根パワフル館跡に移転する。
2018年2月23日
 山形と香港の交流促進を目指す山形日本香港協会(会長=大沼瑞穂参議院議員)の総会、理事会と春節セミナーが17日、山形市内のホテルで開かれた=写真。
2018年2月23日
 山形市七日町1の商業ビル「TAN6スクエア」1階に、1月31日で閉店した十字屋山形店5階で営業していた婦人服小売りのブティックイブ(仙台市)が出店する。2016年5月末まで営業していたミスタードーナツの跡で、「イブ本店」として23日にオープンする。
2018年2月23日
 靴小売で東北最大の千足屋(山形市、吉田裕吉社長)は不採算の靴事業から事実上撤退、不動産業に特化する。靴事業は新会社を設立、北関東で靴専門店を展開するシューマート(長野市)のフランチャイズオーナーとして同社の他店舗化を支援していく計画だ。
2018年2月9日
 JR山形駅前の十字屋山形店が1月31日に閉店し、1971年(昭和46年)の開業以来、46年の歴史に幕を下ろした。
2018年2月8日
 山形市では、中学・高校の制服のあつらえは百貨店の大沼と十字屋というのが通り相場。十字屋は1月末で閉店したが、ご心配なく、イオン北店と南店が今季から学生服の取り使いを始める。
2018年2月9日
 2月10日・11日の2日間、湯のまち作並観光交流館「ラサンタ」(仙台市青葉区作並字元木2の7)で「雪あかりほっこり作並」が開催される。
2018年2月9日
 灯油価格が上昇を続けている。原料になる原油価格が上昇しているのを受け、石油会社が出荷価格を引き上げていることが原因。全国的な気温低下や降雪量の増加で需要も伸びており、配達価格やスタンドでの店頭価格は3年ぶりの高値水準で推移している。
2018年2月9日
協会けんぽ(全国健康保険協会山形支部)からのお知らせ
2018年2月9日
 山形市十日町で明治から続く料亭「嘯月(しょうげつ)」が3月末で閉店する。華やかなりしころの花柳界を支え、平成に入っても往時の料亭文化の風情を伝えていた老舗だが、宴会の減少やデフレといった料亭を取り巻く全国的な逆風に抗えず、120年余りの歴史に幕を下ろす。跡地には高層マンションの建設計画が進んでいる。
2018年1月26日
 百貨店の大沼(山形市)の経営再建に名乗りをあげている東京の投資ファンド、マイルストーンターンアラウンドマネジメント(MTM)の下で経営再建中の兵庫県姫路市の百貨店ヤマトヤシキが、同社発祥の姫路店を2月末で閉鎖することが分かった。現在の店舗ビルを建て替えて商業施設の建設を目指すとしているが、具体案やスケジュールは示していない。
2018年1月26日
 山形市在住でスノーボード男子パラレル大回転の斯波正樹選手(31、RIZAP)=写真=が2018年平昌冬季五輪の代表に選ばれた。
2018年1月26日
 2018年に創業や設立から節目の「周年記念」を迎える県内企業が1548社を超えることが帝国データバンク山形支店の調査で分かった。
2018年1月12日
2018年に周年記念を迎える企業をご紹介します。
2018年1月12日
 寒~い山形の冬ですが、1月ともなると「寒いさにカラダが慣れてきた!?」なんて感じる人も多いはず。そこで今号では、魅力いっぱいの冬のイベントをピックアップしてご紹介。いずれも庄内で開催されるグルメ垂涎の内容。
 さあ、こたつから抜け出して元気に山形の冬の恵を満喫しに出かけましょう!
2018年1月12日
 JR山形駅東口の旧山形ビブレ跡地の再開発が、ビジネスホテルチェーンの東横イン(東京)を軸に進められる見通しであることが明らかになった。2000年1月の旧マイカルグループ・ダックビブレ(仙台市)の撤退後、山形の玄関口にあるにもかかわらず空き地や駐車場になっていた同跡地の再開発がようやく現実味を帯びてきた。
2017年12月8日
 食や観光を通じて山形の魅力を発信しようと、2009年にオープンした「山形まるごと館 紅の蔵」が12月で8周年を迎えた。
2017年12月8日
 山形市の蔵王温泉スキー場で9日、スキー場開きが行われ、今シーズンの営業が本格スタートする。5日の時点では積雪が35~40センチになった樹氷・山頂、パラダイス、中央、ユートピアの4ゲレンデが滑走可能になっている。
2017年12月8日
 仙台ターミナルビル(仙台市)が運営するJR山形駅ビル「エスパル山形」が17日、リニューアルオープンした。1階には新たに生鮮食品とグロサリーを導入、2階はお土産品を中心とした県内および東北の食を集積したフロアに改装したのがポイントという。
2017年11月24日
  東北最大の食品スーパー、ヨークベニマル(福島県郡山市)は米沢市春日に新規出店する計画を固め、大規模小売店舗立地法に基づく店舗新設を県に届け出た。開業は来年7月を目指している。
2017年11月24日
 JA全農山形はコンビニエンスストア大手のファミリーマートと組み、農産物販売コーナーとコンビニが一体となった店舗を開設する。JA全農とファミマが2014年に締結した包括提携契約に基づくもので、県内では初の出店になる。
2017年11月10日
 穴吹工務店(高松市)は山形市本町に地上12階建ての高層マンションを建設する。2018年3月に着工、19年末の完成を目指す。分譲開始は18年4月の予定。同社の分譲マンションとしては17年3月完成の「サーパス山形八日町レジデンス」に続き県内15棟目、市内では14棟目になる。
2017年11月10日