徹底して山形に密着したフリーペーパー

《せっかく行くならこんな店!》 そば処 野草庵

2009年12月11日
 「隠れそば屋」といえば白鷹町が有名ですが、県都の山形市、それも閑静な住宅街の一角にひっそりと佇む隠れそば屋が冬の期間限定の「野草庵」です。
《せっかく行くならこんな店!》 そば処 野草庵
 実はこの野草庵、4〜10月は西蔵王の野草園で17年間営業している知る人ぞ知る名店。入園料を払っても食べたいという県内外の固定客も多く、冬期の園閉鎖中も営業して欲しいという要望に応え店主の木内輝男さん(59)が自宅の一部を改装して3年前にオープンさせました。
 ちょっと蔵づくりのような玄関を入ると、部屋の仕切りを外して2間続きにした店内はテーブルが3つと長い座卓だけ。そば屋らしくないアットホームな雰囲気です。
 この日は野菜の天ぷら、厚焼き玉子、漬物、キンピラゴボウと自慢のおそばがセットになったお得な「そばセット」(1000円)をお願いします。
《せっかく行くならこんな店!》 そば処 野草庵
 おそばは厳選した県内産のそばの実を殻をとらずに一緒に引いた(一本引き)二・八で、見た目は中細、つやつや。これをカツオ節、サバ節、コンブとシイタケをベースにした相性のいいつゆにつけていただきます。
 口に運べばコシがあって喉越しもいい食感に感激。繊細にして力強い味わいです。噛むほどに鼻にぬけるそばの香りもたまりません。
 はし休めの天ぷらや厚焼き玉子にも丁寧な仕事が施されています。勧められるまま残ったつゆにキンピラゴボウを入れ、これにおそばをつけていただく新潟流の「キンピラ大名」も絶妙でした。
《せっかく行くならこんな店!》 そば処 野草庵

そば処 野草庵
TEL 023−642−5178
山形市あこや町1−10−18 ※4月以降は野草園にて営業

●営業/11:30〜の昼のみ。そばがなくなり次第終了
●定休/毎週月曜日・木曜日(祝日の場合は除く)。
    12月31日(木)は営業、1月1〜4日は休業。