徹底して山形に密着したフリーペーパー

ガンバレ!J1モンテディオ山形

2009年11月27日
 Jリーグが面白くなってきました。前節まで首位の川崎がJ2降格が決まっている大分に敗れて首位転落、3日の決勝戦でヤマザキナビスコカップ王者となったFC東京も降格が決まった千葉に敗れました。
ガンバレ!J1モンテディオ山形
 さらにJ1に残留するには残り4試合を全勝するしかないと言われた16位の柏が現在2連勝中。土俵際の驚異の粘りで他チームを巻き込み、J1残留争いは混戦状態になってきました。
 モンテも例外ではありません。一時は柏と勝ち点差が10まで開いて、客観的には「残留ほぼ間違いなし」という雰囲気でしたが、そこから1分け1敗。柏の頑張りもあってJ1残留を確定できません。
 21日の大宮戦は0—0の引き分け。選手全員が「ホームで勝って自力で残留を決めたい」という気持ちは持っていましたが、過去4年連続で残留争いに勝ち残ってきた大宮もさすがです。互いに柏との勝ち点差にほんの少し余裕があることもあり「点を取る」よりも「失点をしない」という意識が働いた面もあります。
ガンバレ!J1モンテディオ山形
 モンテの練習を見ていると、とてもいい感じでボールが回っていますが試合では周囲の状況が心理面に左右しプレーに微妙な影響を与えます。
 大宮戦後、宮沢克行キャプテンがこんなことを言っていました。「初体験のJ1で選手はプレッシャーを感じていると思う。その中で自分でうまく切り抜けていけるようにならないと自信はつかないし、チームも強くなれない」
 チームは今、ひと回り大きくなるための試練を迎えています。だからこそ「勝って残留を決める」という姿勢は絶対に崩してはいけないのです。

ガンバレ!J1モンテディオ山形
佐藤 円(さとう・まどか)
1968年、山形県鶴岡市生まれ。ウェブサイト「J's GOAL」やサッカー専門紙「EL GOLAZO」等でモンテディオ山形担当ライターとして活動中。