徹底して山形に密着したフリーペーパー

冬の準備はお早めに/寒い冬を快適に過ごすためのお役立ち情報

2009年10月23日
紅葉シーズンが終わると間もなく冬。
寒〜い冬もチョットしたサービスや製品を利用すれば
意外に便利だったり快適に過ごせたり。
やまコミがあなたの冬支度を応援します。
冬の準備はお早めに/寒い冬を快適に過ごすためのお役立ち情報

● 灯油宅配

 灯油宅配で37年の歴史を誇るのが千代田商事(山形市)。社名は知らなくても童謡「雪」のメロディにのって村山地区を巡回する「コンコン車」はご存知ですよね。
 注文は電話でOK。決まった曜日にコンコン車があなたの自宅に来てポリタンクや灯油タンクに給油してくれる。マンションの高層階にも部屋の前まで運んでくれる。買いに行きたくても「ヒマがない」「車がない」という人にお勧め。11月から3月までは日曜、祝日も営業。

冬の準備はお早めに/寒い冬を快適に過ごすためのお役立ち情報

● 屋根の雪止め

 三和物産(山形市)が新開発した「スノーハイブリッドストッパー」はネットを金属製ではなくポリエチレン製にしたのがミソ。
 雪との摩擦抵抗力を利用し、雪がせり出したり落下したりするのを防ぐという。同社は「網目が大きく、サビやホコリがつかず屋根の景観も美しい」とPRしている。

冬の準備はお早めに/寒い冬を快適に過ごすためのお役立ち情報

● 窓のリフォーム

 窓の内側にプラスチック製の内窓を取り付ける
「省エネリフォーム」を提案しているのはハウス企画(山形市)。気密性が高まることで暖房コストが軽減できるほか、結露も防げるという。
 今年から30万円超のリフォーム工事には費用の10%が控除される「省エネ・リフォーム減税」が実施されており、同社では「この機会に幅広いリフォームを検討して欲しい」と呼びかけている。

冬の準備

● 暖炉・薪ストーブ

 燃焼効率や安全性の向上などで一般家庭でも普及が進んできた暖炉や薪ストーブ。ここで紹介するのは全国展開している「ファイヤーライフ」で、石山商会(山形市)が加盟し31日に山形店をオープンする。
 世界の一流ストーブを品ぞろえするほか、薪ストーブ用アクセサリーやメンテナンス用品も取り扱う。料理教室や薪割り、チェンソー体験など多彩なイベントを催し、楽しく安全な薪ストーブライフを提案していく予定。

冬の準備はお早めに/寒い冬を快適に過ごすためのお役立ち情報

● ガス温水式床暖房

 暖房機による風や乾燥、ホコリが気になる人には山形ガスのガス温水式床暖房がお勧め。床下に敷いた温水マットに高効率給湯器「エコジョーズ」で作った60度の低温水を循環させ、床下からの輻射熱が体に吸収されるため室温が16〜18度でも体全体に十分な温かさが得られる。購入には国の補助金が交付されるので、詳しくはお問合せを。

冬の準備

● ヒートポンプ方式給湯・暖房

 東北電力が推奨しているのはヒートポンプ方式による給湯と暖房。大気中にある熱エネルギーを集めて圧縮機で高温にし、その熱を給湯器や暖房機に使用する。電力消費とCO2排出を抑える地球に優しいシステム。
 ヒートポンプ方式による給湯器「エコキュート」は、11月末までの購入で年内に設置すると抽選で電動ハイブリッド自転車などが当たる。また要件を満たせば国の補助金も利用できる。