徹底して山形に密着したフリーペーパー

お金のこと

考えてみませんか お金のこと
 相続では「どの財産を相続するのか」「その財産がいくらになるのか」に目が行きがちですが、それ以前にそもそも誰が財産を受け取る権利があるのかを確定しなければ手続きが進みません。
2010年11月12日
 亡くなった親族が残した財産には、プラスになるものとマイナスになるものがあります。
2010年10月22日
 親族が亡くなられた直後は死亡届の提出、通夜、葬儀などで慌ただしく、何も手が付けられないという状態になりがちですが、まず確認しなければならないのが遺言書の有無です。遺産分割で優先されるのは故人の意思=遺言だからです。
2010年10月8日
 人が亡くなれば必ず発生するのが「相続」です。相続はある日、突然発生するものですし、生涯に何度も経験するものではありません。
2010年9月10日
 今号から「相続」について読者の皆様といっしょに考えていきたいと思います。
2010年8月13日
 日本はなかなかデフレから脱却できないと言われています。そもそもデフレとは何でしょう?
2010年6月11日
 古今東西を問わず資産運用は万人のテーマ。その方法は「貯蓄」と「投資」に大別されます。
2010年5月14日
 前回は貯金(預金)した際の利子(利息)のお話でしたが、今は超低金利。どこに預けるか迷ったとしても0コンマ数%の違いにすぎません。逆にお金を借りる場合の「金利」にこそ注意を払いたいものです。
2010年4月9日
 利子と利息は基本的には同じですが、郵便貯金では利子、銀行預金では利息と使い分けられています。今回は便宜上、利子で統一します。
2010年3月26日
 大学を卒業して今年から社会人になる皆さん、ご卒業とご就職、おめでとうございます。そこで問題です。
2010年3月12日
 高齢化や医療技術の進歩などにより国民1人当たりが支払う医療費は膨らむ一方で、厚生労働省の調べでは年間で27万円に達するそうです。
2010年2月26日
 去年は「定額給付金」が話題になりました。
2010年2月12日
 都会ほどではないにせよ、ここ山形でもビジネスマンや主婦などの間で不要な物をインターネットを使ったオークションに出品してお小遣いを稼ぐ人が増えてきました。
2010年1月22日
 確定申告の時期が近づいてきました。確定申告といえば脳科学者の茂木健一郎さんが3年間も確定申告せず、3億円の申告漏れがあったことが話題になりました。期間は2月16日から3月15日までです。お忘れなく。
2010年1月8日
 家計簿をつけていらっしゃる皆さん、つけた家計簿を活用していらっしゃいますか?—— 。
2009年12月11日
 毎日のニュースで為替レートが報道されます。円高になれば輸入するブランド品が安くなったり、円安になれば自動車などの輸出が減って山形の関連企業が打撃を受けたりと、為替は経済に大きな影響を及ぼします。
2009年11月13日
 住宅ローン減税などでマイホーム取得を考えておられる読者も多いはず。ただ都市部に比べて景気回復が遅れ気味の山形では、安易に住宅ローンを組むと後々の返済に苦慮する事態も心配です。そこで今回は住宅ローンのワンポイントアドバイス——。
2009年10月9日
 日本は公的医療制度が充実しているため、従来は病気やケガなど万一に備える医療保険は生命保険の特約の扱いでした。入院給付金なども見舞金と認識している契約者が多かったようですが、最近になって新しい医療保険が続々と登場しています。
2009年9月25日
 50代に入ると家のローンや子どもの養育・教育費などにもある程度のメドが立ってきたことでしょう。これからは自分たちのための計画が必要です。
2009年8月14日
 大半の30〜40代のテーマは「子育て・教育」「住宅取得」でしょう。
2009年7月24日
 家計簿のつけ方は20代、30代、40代…と年代によってポイントが変わります。今回からは年代別の家計簿のつけ方を伝授しましょう。初回は20代です。
2009年7月10日
 今回は家計簿のお話です。一昔前はテレビのホームドラマなどで夕飯の後片付けを終えたお母さんがちゃぶ台の前に座り、ソロバンと鉛筆を手に家計簿をつけているシーンがよくみられたものです。読者の皆さんは家計簿をつけていますか?
2009年6月26日
 今回から誰もが関心のある「お金」のあれこれをFP(ファイナンシャルプランナー)の立場からお話ししたいと思います。皆さんの中には「FPって何」と思われる方もおられるでしょう。
2009年6月12日
< 前へ 1 2 3 4 5