徹底して山形に密着したフリーペーパー

上山市/全国かかし祭り 兼続も義光も大集合

2009年9月25日
 上山市民公園で19日から秋の恒例行事「かみのやま温泉全国かかし祭り」が始まり、世相を反映した様々な創作かかしが観光客を賑やかに出迎えている。
上山市/全国かかし祭り 兼続も義光も大集合
 上山農業高校の生徒が始めたクラス対抗コンクールが始まりで、今年で39回目を数える。全国から寄せられた出品数は886体に上り、米国のオバマ大統領やNHK大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続のかかしが複数体あるのが特徴。1つの体に鳩山総理と小沢幹事長の顔をつけて2頭政治を風刺したユニークなかかしも並ぶ。
 ひときわ存在感を示しているのが山形市在住の武田孝雄さん(63)の作品「最上義光公勇戦の像」。制作に約1年を費やしたという力作は、霞城公園にある義光公の騎馬像を模した見事な出来栄えで、足を止めた観光客は感嘆したり携帯のカメラに収めたり。慶長出羽合戦さながら、ここでも兼続と勢力を競い合っている。
 祭りは27日まで。主催する上山市観光物産協会では昨年の12万人を上回る15万人の目標を掲げている。