徹底して山形に密着したフリーペーパー

消化器系のお話

村田 光太郎(むらた・こうたろう)先生
消化器系のお話
1963年上山市生まれ。山形東高から山形大医学部へ。卒業後、山大病院、東北中央病院、県立中央病院、寒河江市立病院などを経て2009年4月に山形市十日町で村田内科医院を開院。
 今回は食道の病気の「胃食道逆流症」のお話しです。
2009年10月23日
 今回は腹部超音波検査のお話です。この検査はエコーとも呼ばれ、消化器内科では最も手軽で有用な検査ですが、婦人科でも広く使われているようです。
2009年9月25日
 今回はカプセル内視鏡のお話です。2000年にイスラエルの会社が開発し、日本では07年から保険適用になりました。
2009年8月28日
 今回は大腸の内視鏡「大腸カメラ」のお話です。胃カメラに比べるとなじみが薄いかもしれませんが、皆さんのまわりに「カメラで大腸のポリープをとった」という人がいませんか? そのカメラが大腸カメラです。
2009年7月24日
 前回に引き続き経鼻(けいび)内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)のお話です。従来の経口(けいこう)内視鏡(口から入れる胃カメラ)に比べ患者さんの抵抗が少ないため主流になりつつある経鼻内視鏡ですが、今回は問題点を紹介します。
2009年6月26日
 こんにちは、今回から内科の消化器領域(胃腸・肝臓・膵臓(すいぞう)など)を担当することになりました村田です。よろしくお願いします。
2009年5月22日