徹底して山形に密着したフリーペーパー

ガンバレ!J1モンテディオ山形

2009年5月8日
 4月25日からの5連戦も5月9日、ホームでの新潟戦「天地人ダービー」でひと段落です。
ガンバレ!J1モンテディオ山形
 王者・鹿島戦では1点リードされたあと長谷川悠選手のゴールで追いついて引き分けに持ち込み、続く大宮戦は3—0で完勝。柏戦は0—0で引き分け、神戸戦は1—3で敗れましたが、それでもJ1 18チームの中で暫定6位につけています!

            ◆          ◆

ガンバレ!J1モンテディオ山形

 閑話休題。大宮には小林亮選手のお兄さんの慶行選手が在籍していて、先の試合では兄弟がそろって先発しました。エリアが違うためボールを奪い合うシーンはそれほどありませんでしたが、同じ試合に兄弟が出場するのって実はスゴいことなんですよ。
 Jリーガーと呼ばれる選手は36チームに所属する約1100人。全国にサッカー少年は数多くいますが、その中でほんの一握りのエリート集団がJリーガーなのです。そんなJリーガーの中にはお兄さんの影響でサッカーを始めたという選手が結構います。

            ◆          ◆

ガンバレ!J1モンテディオ山形

 小林選手のほかモンテでは財前宣之選手や秋葉勝選手も。この弟選手に共通しているのは何年経っても、たとえ自分のチームが上の順位にいてもお兄さんに対する尊敬の気持ちを失わず、目標の選手にしている点です。
 小林選手の場合、お兄さんと直接連絡を取ることもありますが、兄弟それぞれが埼玉のお母さんに連絡し、お母さんを通じてお互いの近況を知るのだとか。「その方が母親も嬉しいだろうし、小林家のバランスも保てると思うから」だそうです。


ガンバレ!J1モンテディオ山形

佐藤 円(さとう・まどか)
1968年、山形県鶴岡市出身。県内のタウン情報誌やモンテディオ山形専門情報誌の編集者を経て、06年フリーに。現在はウェブサイト「J's GOAL」やサッカー専門紙「EL GOLAZO」等でモンテディオ山形担当ライターとして活動中。