徹底して山形に密着したフリーペーパー

住友不動産 来年5月着工目指す/七日町の高層マンション 再来年5月完成見込む

2009年5月8日
 山形市七日町1にあった商業ビル「CoCo21」の跡地に高層マンションの建設を計画中の住友不動産が2010年5月に着工、11年5月の完成を目指していることが明らかになった。建物は高さ85メートル、25階建てで、分譲戸数は127。用地取得費を含めた総事業費は38億円を見込んでいる。
住友不動産 来年5月着工目指す/七日町の高層マンション 再来年5月完成見込む
 住友不動産は06年に用地を取得、当初は07年中の着工を予定していたが、その後の建設資材の急激な値上がりや耐震強度の偽装事件の再発防止を狙った建築基準法の改正、さらに中心市街地活性化法(中活法)の適用を受けられるかどうかなどを巡って着工は延び延びになっていた。
 来年5月の着工を固めたのは建設資材価格が落ち着いてきたうえ、中活法の適用が全国的に困難な状況になり、代わって優良建築物等整備事業の適用を受ける方針を決めたため。
 大和ハウス工業が06年に完成させた十日町の「Dグラフォート十日町タワー」も同事業の適用を受けている。