徹底して山形に密着したフリーペーパー

<荒井幸博のシネマつれづれ> 山形映画に乾杯

2009年3月13日
今年の注目株 峯田和伸
<荒井幸博のシネマつれづれ> 山形映画に乾杯

 昨年は山形ゆかりの映画が数多く公開された。
 県内ロケは「おくりびと」を筆頭に「山桜」「ICHI」「櫻の園」などが、県出身の監督作品では「ピューと吹くジャガー」(マッコイ齋藤=鮭川村)、「あの空をおぼえてる」(冨樫森=鶴岡市)、「秋深き」(池田敏春=山形市)などが公開された。
 県出身の原作者による作品も「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(ママチャリ=白鷹町)、「パコと魔法の絵本」(後藤ひろひと=山形市)があった。

<荒井幸博のシネマつれづれ> 山形映画に乾杯

公開中「メリケンサック」

 今年も公開から一カ月が過ぎたが、「少年メリケンサック」に山辺町出身の峯田和伸が出演している。役柄は25年前の回想場面で登場するパンクバンド「少年メリケンサック」のボーカリスト。峯田率いるロックバンド「銀杏BOYZ」のメンバーで県内出身の2人も出演している。

山辺出身のミュージシャン

 峯田はミュージシャンなのだが、2003年公開の 「アイデン&ティティ」で主演。俳優としても非凡な才能をみせつけたが、その後はバンド活動に専念したため映画出演は途絶えていた。だが今年は「少年メリケンサック」以降も「USB」「色即ぜねれいしょん」と出演作が続き、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」では主演を務める。

<荒井幸博のシネマつれづれ> 山形映画に乾杯

「銀杏BOYZ」も活躍

 「少年メリケンサック」は音楽も銀杏BOYZが担当した。エンディング曲は峯田が「ZAZEN BOYS」の向井秀徳と「ねらわれた学園」というユニットを組み、ユーミンこと松任谷由実「守ってあげたい」をカバーしている。

 昨年11月から全国順次公開中の「俺たちに明日はないッス」の主題歌も南沙織「17歳」のカバーで銀杏BOYZが担当する。峯田と銀杏BOYZに注目したい。(敬称略)