徹底して山形に密着したフリーペーパー

田母神氏が来山/講演会で持論炸裂?

2009年2月27日
 歴史認識に関する政府見解を否定する論文を発表して航空幕僚長の職を解かれた田母神(たもがみ)俊雄氏(イラスト)を招いた講演会が4月15日、山形市のホテルメトロポリタン山形で開かれる。主催は山形法人会青年部会で、テーマは「誇りある日本のために」。入場無料。
田母神氏が来山/講演会で持論炸裂?
 田母神氏は福島県郡山市出身。航空自衛隊のトップとして民間企業が主催する懸賞論文に応募し、日中戦争や第二次世界大戦について「わが国が侵略国家だったというのはぬれぎぬ」などと主張。日本の植民地支配と侵略を認めて謝罪した1995年の村山富市首相談話(政府見解)を否定したとして昨年10月31日付で更迭された。
 歯に衣着せぬ発言でも知られ、空幕長時代の昨年4月には航空自衛隊のイラクでの空輸活動を違憲とした名古屋高裁の判断に「そんなの関係ねえ」と言い放ったほか、更迭後の昨年12月に名古屋市で開かれた講演会では「あの時『オッパッピー』までやっておけばよかった」などと発言して話題を呼んだ。