徹底して山形に密着したフリーペーパー

表紙

 酒田市美術館で7月22日(日)まで特別展「美しく生きる・中原淳一展」が開かれている。
2012年6月22日
 朝日町のAsahi自然観にある空気神社で6月2日、3日、5日に年に1度の「空気まつり」が行われ、普段は見れない本殿が公開されたほか、巫女に扮した地元の小学生が舞を披露した。
2012年6月8日
 「3月の風と4月の雨が5月の花を連れてくる」というのはイギリスのことわざ。山形市漆山にある園芸店「出羽園」ではこれからシーズンを迎える300種・1000本以上の5月のバラが咲き誇っている。
2012年5月25日
 南陽市宮内の熊野大社で満月の6日夜、月に1度の良縁祈願祭「月結び」が行われ、県内外から約30名が参加した。
2012年5月11日
 4月22日、白鷹町深山地区の白鷹人形研究会(吉田博子代表、同町大字深山1966)で、県指定無形文化財の深山和紙を使った「しらたか人形」の展示会が催された。
2012年4月27日
 NHK山形放送局が制作する人気のラジオ・テレビ番組といえば「今夜はなまらナイト」。番組の最初から最後まですべて山形弁で通すというNHKらしからぬユニークな発想が受け、県内にとどまらず県外にも隠れたファンがいるとか。
2012年4月13日
 豪雪も鳴りをひそめ、ようやく春の気配も漂い始めた今日このごろ。山形市白山1の園芸店「花のひこうき」では色とりどりの花々が所狭しと並び、一足早く春らしい光景が広がっている。
2012年3月23日
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から間もなく1年。山形でも「卒原発」の取り組みが続く中で、高性能の太陽光パネルの製造に挑んでいる企業がエスパワー(天童市)だ。
2012年3月9日
 山形市中心街に誕生した観光名所「山形まるごと館 紅の蔵」(十日町2)で2月21日から、江戸時代から受け継がれてきた豪華な時代雛を展示する特別企画「紅花商人の旧家に伝わる時代雛」が始まった。
2012年2月24日
 山形市内にある老舗料亭の季節の料理とやまがた舞子の座敷芸がセットで堪能できる「山形舞子御膳」が1月30日から始まっている。
2012年2月10日
 厳冬の冷たい水に漬け込む「寒ざらし蕎麦」といえば山形の風物詩。では、蕎麦ならぬ「寒ざらし揚げもち」があるのをご存知でしたか――。
2012年1月27日
 年末からの寒波の影響で県内各地のスキー場は降雪に恵まれ、いよいよ本格的なスキーシーズンの到来。3連休初日の7日、天童市の天童高原スキー場には県内外から大勢のスキーヤーやスノーボーダーが訪れ、思い思いの滑りを楽しんだ。
2012年1月13日
 職場にいながらメタボチェック――。全国健康保険協会山形支部がダイエットや食生活の改善に役立ててもらおうとパソコンや携帯を使った健康指導サービスを始めた。
2011年12月23日
 あと2週間ほどでクリスマス。これから各地でクリスマスケーキの予約商戦が本格化するが、山形市松見町の洋菓子店「パティスリー アヴリル」では他店や例年とはちょっと違った“新商品”を投入、今年の話題づくりを狙っている。
2011年12月9日
 東日本大震災から早8ヵ月。今なお被災者を元気づけようと、自らが作った毛皮のパンダの縫いぐるみを被災地の園児たちに寄付する活動を続けている毛皮職人がいる。
2011年11月25日
 山形市の食の台所である公設地方卸売市場(漆山)で6日、山形グランドホテル総料理長の安達茂氏を講師に招き、「蘇れ! 山形市場」と銘打った料理教室が催された。
2011年11月11日
 アルペンスキーの名選手、俳優として活躍し、蔵王温泉スキー場の魅力を世界に広めた故トニー・ザイラーさんの功績をたたえる顕彰碑が同スキー場パラダイスゲレンデに建立され、23日に除幕式が行われた。
2011年10月28日
 米沢市の上杉博物館で8日から特別展「洛中洛外図屏風(らくちゅうらくがいずびょうぶ)に描かれた世界」が開かれている。
2011年10月14日
 18日早朝、蔵王温泉の高湯通りで「山形まるごと市」が開催され、産地直送の新鮮な農産物や加工品を前に県内外から訪れた温泉客らが足を止めていた。
2011年9月23日
 甲類焼酎「さわやか金龍」の製造元で知られる金龍(酒田市)が来年の干支の辰(たつ)にちなんだ辰年限定焼酎「干支姿ボトル」の購入受け付けを開始した。
2011年9月9日
 山形は山梨、長野に続く全国3位のブドウ産地。蔵王連峰の山麓、上山市西郷地区の高橋フルーツランドでは黄緑色で独特の香りとさわやかな甘みのナイアガラがたわわに実をつけ始め、家族連れらがブドウ狩りを楽しんでいる。
2011年8月26日
 月山トラヤワイナリー(西川町)は自社農園で栽培した白ワイン専用品種「ソーヴィニヨン・ブラン」を使った辛口白ワイン「月山山麓ソーヴィニヨン・ブラン2008」を製品化した。同品種のワインの製品化は県内のワイナリーでは初。
2011年8月12日
 冷やしラーメン、冷たい肉そば、冷やしシャンプーと、とりあえず何でも冷やしてみようというのが山形っ子気質。2年続きの猛暑が続く今年は朝日町のリゾート施設「Asahi自然観」に新たに冷やし足湯が登場、涼を求めて多くの人が訪れている。
2011年7月22日
 藤沢周平原作で現在公開中の「小川の辺(ほとり)」のロケに使われた上山市下生居の国指定重要文化財・旧尾形家住宅で先月末から、撮影の模様を写したパネルや撮影時ゆかりの品々が展示されている。
2011年7月8日
 やまがた花回廊キャンペーンを盛り上げるトロッコ列車「さくらんぼ風っこ号」の運行が18日からスタート、出発前にはJR山形駅ホームで歓迎イベントが催された。
2011年6月24日
 夏スキーのメッカとして知られる西川町の月山スキー場。好天に恵まれた4日は今シーズン最多の1200人のスキーヤー、スノーボーダーが訪れ、鳥海山や朝日連峰の山々や新緑を満喫しながらの滑りを楽しんだ。
2011年6月10日
 東日本大震災によるダメージを花の持つ癒しの力で払拭しようと、やまがた観光キャンペーン推進協議会(会長=武田吉則ヤマコー会長)が春の観光キャンペーンガイドブック「やまがた花めぐり」をまとめた。
2011年5月27日
 山形市中心部の飲食街・花小路に7日、客をシニアに限定した会員制居酒屋「花くらぶ」がオープンした。
2011年5月13日
 山形市の霞城公園で膨らんでいた桜(ソメイヨシノ)のつぼみがほころび始め、春を待ちわびた人たちが一足早い花見気分を楽しんでいる。
2011年4月22日
 上山城にほど近い武家屋敷通りをゆっくりと進む1挺の人力車。まるで明治から昭和初期にタイムスリップしたようなレトロ感を漂わせる。
2011年4月8日