徹底して山形に密着したフリーペーパー

表紙

 新素材スタートアップの「スパイバー」(鶴岡市)は、同市のふるさと納税の返礼品としてオリジナルキッズTシャツを開発した。デザインは山形市出身の世界的な絵本作家・荒井良二さんが担当した。
2022年12月9日
 エイアンドシー(山形市)が江俣で展開しているレンタルDVD店「TSUTAYA山形北町店」に、斬新な雑貨コーナーがオープンしたのをご存知ですか?――。
2022年11月25日
 県民が待ちに待っていた「やまがた県民手帳」の2023年版が今月から書店やコンビニエンスストアなどの店頭に並び、今年も好調な売れ行きをみせている。
2022年11月11日
 築25年で老朽化した地方の食品スーパーが、フランス語で「市場」を意味するマルシェ風のお洒落な店舗に変身!?――。
2022年10月28日
 8月の記録的な大雨で被災し、休園が続いていた川西町の「川西ダリヤ園」が営業を再開、復活した鮮やかなダリアが訪れる人の目を楽しませている。
2022年10月14日
 旧米沢藩主上杉家に伝来した幕末から昭和初期の写真を紹介する特別展「上杉家伝来写真」が米沢市上杉博物館で開かれている。
2022年9月23日
 地域貢献活動の一環として2013年から毎年秋に企業献血を続けている山形市の萬屋薬局(中村妙子社長)では、今年で10周年を迎えるのを機に「けんけつ川柳コンテスト」を開催、作品を募集している。
2022年9月9日
 酒田市美術館で9月3日から、同市出身で戦後を代表する写真家の土門拳と、日本人と戦争の関りをテーマに撮影を続けている写真家の江成常夫さん(85、相模原市在住)の作品を集めた企画展が開かれる。
2022年8月26日
 村山市の中心街に7月末、にぎわい創造活性化施設「Link MURAYAMA(リンクむらやま)」が誕生したのをご存知ですか?――。
2022年8月12日
 徳川四天王のひとり酒井忠次の孫、忠勝が庄内に入部して今年で400年。「記念特別展」を展開中の致道博物館(鶴岡市)は22日から、江戸末期の庄内藩の領知替え騒動を紹介する「民衆のチカラ~三方領知替え阻止運動~」を開催する。
2022年7月22日
 山形市内の道路をスイスイ走行しているのはハイブリッドバイク「GFR02」。基本は電動バイクだが、ペダルをこいで進む電動アシスト付き自転車にもなり、折り畳み式で収納・持ち運びも便利というすぐれもの。全国でも人気急増中で、県内では山形パナソニック(山形市)が取り扱いを始めている。
2022年7月8日
 山形市落合町の約9000平方メートルのサトイモ畑を上空から見下ろすと、そこには何と、除災招福の神様「ガネーシャ」の巨大な地上絵が!
2022年6月24日
 新型コロナの影響で落ち込んだ観光客数の回復を図るため、県が「さくらんぼ県やまがた」のブランドイメージを活用し、県内外に向けたPR活動を積極的に展開している。
2022年6月10日
 置賜2市3町で組織する「やまがたアルカディア観光局」は5月26日から、長井市の長井ダム湖「ながい百秋湖」を遊覧する水陸両用バスの運行を始める。期間は8月7日までで、1日4便を運行する(毎週水曜日運休)。
2022年5月27日
 フランス生まれの人気絵本シリーズ「リサとガスパール」の原画などを一堂に集めた展覧会が、酒田市美術館で開かれている。
2022年5月13日
 4月1日に今年の営業がスタートした山形市神尾の市野草園。園内には大雪の影響で今も一部に雪が残るものの、ミズバショウやザゼンソウが水辺から顔を出し、咲き誇るオオヤマザクラとも相まって春の到来を告げている。
2022年4月22日
 戦国期、米沢藩上杉家の家祖である謙信や生家の長尾家と、京の将軍や天皇との関わりを示す特別展「戦国京都と上杉家」が16日から、米沢市上杉博物館で開かれる。
2022年4月8日
 山形市北町のガソリンスタンド跡地で、春のオープンを目指し移動販売車の拠点づくりが進んでいる。主体は山形トヨタ子会社のクラウドモビリティ山形で、「住宅街という地の利を生かし、にぎわい創出に貢献したい」と意気込んでいる。
2022年3月25日
 3月3日の桃の節句が過ぎ、人形店の次なる照準は5月5日の端午の節句に。五月人形商戦が早くも本格化している。
2022年3月11日
 山形市七日町のeスポーツ施設「YES*7(イエス)」に3月2日、プログラミング教室「D‐SCHOOL山形七日町校」が開校する。
2022年2月25日
 山形市の蔵王みはらしの丘ミュージアムパークに、馬との触れ合いを通して心を癒す〝ホースセラピー〟が体験できる「うまのすけカフェ」がオープンする。ペットブームを背景に県内でも猫カフェやドッグカフェなどがお目見えしているが、セラピー(療法)に主眼を置いた馬カフェの登場は初めてという。
2022年2月11日
 山形大学医学部はこの春から、最先端の重粒子線がん治療施設「東日本重粒子センター」で、さまざまながんを治療できる「回転ガントリー」を運用させる。
2022年1月28日
 置賜地域の3市5町と上山市が連携し、周辺の冬の魅力を県内外に情報発信する観光誘客企画「やまがた冬のあった回廊キャンペーン」を展開している。期間は3月31日まで。
2022年1月14日
 若者を中心に空前のサウナブームが続くなか、山形パナソニック(山形市)は本場フィンランドのHARVIA社と提携、同社製の商品の取り扱いを始めた。今後、山形・宮城両県で個人や宿泊施設を対象に売り込みを図っていく計画だ。
2021年12月24日
 コロナ禍のなか、山形市アズ七日町前の補聴器本舗やまがた(庄司渉代表)では接客現場に動画共有サイト「ユーチューブ」を活用、店頭を訪れる相談者から「安心して説明が聞ける」「表情が分かり理解しやすい」と好評を博している。
2021年12月10日
 健康に関する事業を展開するHPM Lab“エイチピーエム ラボ”(山形市、中嶋康博代表)は、手軽にたんぱく質が摂取できる「究極間食 チキンジャーキー」を開発した。今月から市内のスポーツ店などで販売しており、「おやつ感覚で体に必要なたんぱく質補給ができる」と消費者の反応は上々という。
2021年11月26日
 県民熱愛の「やまがた県民手帳」の2022年版が先月末から書店やコンビニの店頭に並び、今年も好調な売れ行きをみせている。
2021年11月12日
 天童市老野森の天童市美術館で22日から「ノラネコぐんだん展in天童」が開かれる。絵本作家デビュー20周年を迎えた工藤ノリコさんの原画展で、東北では初開催。全国でも東京や横浜、岐阜に続いて5カ所目。
2021年10月22日
 天童市山口の畜産会社「なごみ農産」の加工場asoboで先週末の2日と3日から、10月の恒例イベント「秋の肉祭り」がスタートした。黒毛和牛のつかみ取りや子ども向けゲームなど多彩なイベントが繰り広げられ、2日間で集まった約1000人の参加者は祭りを堪能していた。
2021年10月8日
 自社焙煎コーヒー販売の東北萬国社(山形市)は、滋賀県の長濱浪漫ビールと提携し、24日からコーヒー生豆をウイスキー樽(バレル)で寝かせて香りをつけた「バレルエイジドコーヒー」を同社オンラインショップで発売する。
2021年9月24日