徹底して山形に密着したフリーペーパー

こっちも一騎打ち 山形市南部で激突/ヨークVSヤマザワ

2009年1月9日
 食品スーパーで東北最大のヨークベニマルと県内の雄ヤマザワが相次ぎ山形市南部に出店する。出店場所はいずれもパチンコホール跡地で、ともに年内のオープンを目指している。
こっちも一騎打ち 山形市南部で激突/ヨークVSヤマザワ
 ヨークの出店場所は2年前に営業を止めた深町1の「スロットゲバラ」跡地の約1万平方メートル(写真右)。ゲバラの建物は取り壊し、店舗面積2000平方メートルの「深町店」(仮称)を建設する。オープンは秋の予定。
 イオンなど総合スーパーとの対抗上、過去に3300平方メートル前後の大型店も展開してきたヨークの最近の店舗政策の基本は2000平方メートル前後の小商圏型店舗。「深町店」から西1・3キロメートルの至近距離には既存店「南館店」があり、自社競合の恐れもあるが、「小回りをいかして日常の買い物需要を着実に取り込めばすみ分けは可能」としている。
こっちも一騎打ち 山形市南部で激突/ヨークVSヤマザワ

           ★          ★

 ヤマザワが出店するのは「パチンコMAX南館店」が営業している富の中4(写真左)。2月末で営業を終えるMAXの建物を解体、ヤマザワが1万平方メートルの敷地に2000平方メートルの「富の中店」(仮称)を建設する。オープンは12月を目指す。
 一方でヨーク「深町店」「南館店」に挟まれる格好になる既存店「南館店」は閉鎖も含めて対応を検討する。

こっちも一騎打ち 山形市南部で激突/ヨークVSヤマザワ