徹底して山形に密着したフリーペーパー

平安典礼「メモリアルホール東根」開業 競争激化へ

2008年12月26日
 葬祭業の平安典礼(山形市、武田義弘社長)が東根市のさくらんぼ駅前3で建設していた「平安典礼会館・メモリアルホール東根」が完成し、22日にオープンした=写真。
平安典礼「メモリアルホール東根」開業 競争激化へ
 本間利雄設計事務所の設計で、鉄筋コンクリート2階建て。延床面積は1431平方メートル、式場ホールの席数は可動間仕切りにより2段階に調整可能で170〜300席を設けている。手前に見えるロビー部分を「魂の昇天」をイメージして特長的な八角形の外観にするなど、東根市の玄関口に位置するランドマーク的な建物を意識した。
 東根市では2006年3月にライフアンサージ・さがみ典礼(福島県郡山市)が「ファミリー斎場東根」をオープン、全農ライフサポート山形(天童市)も今年6月に「やすらぎ東根村山ホール」を開設したばかり。平安典礼の進出で業者間の競争が加速する見通し。