徹底して山形に密着したフリーペーパー

鶴岡市のふるさと納税を応援/スパイバー 返礼品にキッズTシャツ開発

2022年12月9日
 新素材スタートアップの「スパイバー」(鶴岡市)は、同市のふるさと納税の返礼品としてオリジナルキッズTシャツを開発した。デザインは山形市出身の世界的な絵本作家・荒井良二さんが担当した。
鶴岡市のふるさと納税を応援/スパイバー 返礼品にキッズTシャツ開発

 Tシャツは「ゆめのこども」「たびのうま」「とりとさかな」の3種類で、色は「みるく」と「こん」の2種。サイズは90センチ、110センチ、130センチ。初回1000着限定。先着順5万円以上の寄付で1枚を提供する。
 同社は、慶大先端生命科学研究所(同)発のバイオベンチャー。教育や子育てに力を入れる同市に賛同し、子供たちが伸び伸びと未来に希望を持って学び育っていけるように寄付金の活用を見据え、同市のふるさと納税返礼品開発に至った。
 同社の創業者でもある関山和秀代表は「地元企業として子育てのまち・鶴岡市を応援していきたい」と話している。  
 12月9日午後1時から、キッズドームソライで関山代表と皆川治市長とのトークセッションが開かれる。後日、市の公式You Tubeチャンネルで公開。