徹底して山形に密着したフリーペーパー

郷野目ストア(新庄市)売り場をマルシェ風に ひのき町店を大改装

2022年10月28日
 築25年で老朽化した地方の食品スーパーが、フランス語で「市場」を意味するマルシェ風のお洒落な店舗に変身!?――。
郷野目ストア(新庄市)売り場をマルシェ風に ひのき町店を大改装

 改装を進めているのは最上地区が地盤の郷野目ストア(新庄市)で、1997年に開業した同市桧町にある「ひのき町店」を9月25日でいったん閉店、内外装工事を施して11月5日の新装オープンを目指している。
 改装の狙いは地域から愛される食品市場への脱皮。店名は「郷野目ストア」から「マルシェゴーノメ」に変更、1400平方メートルの売り場も全面刷新する。
 具体的には中心部に平台を配し、青果物をオープンケースで販売するほか、精肉や鮮魚では量り売りシステムを導入、顧客が店員との会話を楽しめる売り場空間を目指す。総菜はグリル、中華、寿司などを出来たてのイメージで提供する予定という。
 同社は明治44年創業の老舗だが、ここ数年は県内後発組や県外勢に押され気味。郷野目弘美社長は「店舗刷新は喫緊の課題。他社とは一味も二味も違う売り場づくりを目指していきたい」と意気込んでいる。