徹底して山形に密着したフリーペーパー

不思議・発見・感動 世界遺産セミナー参加者募集/JTB東北山形支店

2008年11月14日
 JTB東北山形支店が11月28日に「世界遺産セミナー」を開催する。テーマはスペインとブラジル・ペルーの世界遺産で、意外な発見、驚きに出会えるかも——。
不思議・発見・感動 世界遺産セミナー参加者募集/JTB東北山形支店
 スペインにある世界遺産は39で、イタリアの40に継いで世界2位の数を誇る。古くは有史以前の「アルタミラの壁画」から中世の「アルハンブラ宮殿」、はては現代の「アントニ・ガウディの作品群」に至るまで悠久の時代の流れを感じられるのがスペインの特徴という。
                      ★
 ペルーにはインカの遺跡で山すそからは存在が確認できないことから〝空中楼閣〟とも呼ばれ、世界遺産の中でも常に高い人気を誇る「マチュ・ピチュの歴史保護区」、2年前に山形大学の研究チームが新たな発見をしたことでも話題を呼んだ「ナスカの地上絵」などがあり、ミステリームード満載とか。
                      ★
 ブラジルでのイチ押しは世界最大の滝で、ヴィクトリアの滝、ナイアガラの滝とともに世界3大瀑布に数えられる「イグアスの滝」。幅4キロ、最大落差80メートルのスケールは圧巻で、米国のルーズベルト大統領夫人がイグアスの滝を見て「かわいそうな私のナイアガラ」と嘆いた話は有名だそう。