徹底して山形に密着したフリーペーパー

熱い声援、徳島へ、J1へ!!/試合中継、700人が観戦(天童)

2008年11月14日
 サッカーJ2で2位のモンテディオ山形が徳島県鳴門市で徳島ヴォルティスと対戦した9日、天童市の「わくわくランド」では約700人のサポーターらが大型モニターで試合中継を観戦した。
熱い声援、徳島へ、J1へ!!/試合中継、700人が観戦(天童)
 試合観戦はモンテディオ山形を運営する県スポーツ振興21世紀協会とホームタウンTENDO推進協議会が共催した。
 会場の野外ステージでは「J1へ 山形だべ」の応援フラッグも掲げられ、前半2分にFW長谷川悠選手が先制シュートを決めると応援ムードが一気に高まった。
 その後は徳島に押される展開が続くが、危機をしのぐたびに大きなどよめきが。同33分にFW豊田陽平選手、後半8分にDF園田拓也選手がネットを揺らすと大きな歓声が沸き、会場で飛び跳ねる若者の姿もみられた。
 結果は悲願のJ1昇格に大きく近づく3—0の快勝。4連勝で通算成績は21勝10敗8分けとなり、勝ち点は71に。22日に3位のベガルタ仙台が横浜FCに引き分けか負け、23日にモンテがロアッソ熊本に勝つとJ1に自動昇格できる2位が決まる。