徹底して山形に密着したフリーペーパー

中古車のビッグモーター(東京)/旧ジョーシン山形嶋店解体へ 年内出店を予定

2022年5月27日
 中古車販売で全国最大手のビッグモーター(東京)は、昨年10月に取得した山形市嶋北の旧ジョーシン山形嶋店の建物を解体する方針を決めた。同社は南側に隣接する旧コナカ山形北店も3月に取得済みで、近く旧2店舗の解体に着手、交通量の多い嶋交差点の東北角一帯で年内の出店を予定している。
中古車のビッグモーター(東京)/旧ジョーシン山形嶋店解体へ 年内出店を予定

 旧ジョーシンの敷地面積は約6800平方メートル、旧コナカは約1500平方メートル。解体して更地にした後、中央に整備工場とショールームを兼ねた約1800平方メートルの建物を建設する。残りの敷地ではミニバンやコンパクトカー、軽自動車を中心に常時約200台前後を展示する予定。
 同社は非上場で、帝国データバンクの調べによれば21年9月期の売上高は4567億円、従業員数は4900人。
 東北では宮城、福島、岩手の各県に進出済みで、県内にもあかねヶ丘の西バイパス沿いに買い取り専門の「山形店」があるが、展示スペースを備えた本格的な販売店は初となる。