徹底して山形に密着したフリーペーパー

コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《8》掃除機のこと(1)

2022年5月27日
今回は家のお掃除の必需品「掃除機」についてお話しましょう。
コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《8》掃除機のこと(1)

 最近は国内外のメーカーが競って最新機種を投入、〝高性能でスタイリッシュ〟〝ハイパワー吸引〟〝軽量で持ち運びに便利〟などとうたい、それにつられて買い替えをお考えの人も多いでしょう。内閣府の調査では、掃除機は平均7・2年で買い替えられているとか。
 でも衝動的に買い替える前に、掃除機を正しく使っているかをチェックしてみては? もしかすると間違った使い方で掃除機を使いこなせていないだけかもしれません。

コツを知ったら毎日楽しい 家事ラク講座《8》掃除機のこと(1)

 掃除機の正しい使い方は、まず「奥から手前に」です。掃除機は部屋の奥から手前に後ずさりしながら。逆に「手前から奥」では、せっかく掃除機をかけたところに、スリッパや足についた汚れやホコリをまき散らしてしまう結末に。

 次のポイントは「ヘッドは水平に当てる」。掃除機のヘッドの一部が浮いた状態では吸引力が低下します。掃除機をかける面に水平にぴたりと当てましょう。

3つ目は
「力を入れず丁寧に」「ヘッドを押して引く」

力を入れてゴシゴシしても吸引力は変わらず、むしろ床やカーペットを傷つけるだけ。
 掃除機をかける際は、まず背筋を伸ばして軽く掃除機のハンドルを持ちましょう。掃除機が吸引する感触を手で確かめながら、ヘッドを向こう側に押してから、手前に引く動作をゆっくりと。掃除機の多くは、引いたときに力を発揮しやすい構造だからです。
 またT字型のヘッドは真ん中より左右の吸引力が弱いので、左のように一度掃除機をかけた部分の3分の1を重ねがけするのがお勧め。
 Wの字を書くように、軽くスイングするイメージで。


●きらめくお部屋をご提案するキラリスト BIBI(ビビ)
☆日本家事代行協会認定アドバイザー
☆ハウスキーピング協会認定クリンネスト