徹底して山形に密着したフリーペーパー

がんばれモンテディオ山形

 GK山岸範宏選手(38)がJ3北九州に期限付きで移籍するという驚きのニュースが飛び込んできました。
2017年1月13日
 11月29日、モンテディオ山形の新監督にJ2愛媛の前監督の木山隆之氏(44)が就任するという発表がありました。
2016年12月9日
 モンテディオ山形の監督を3シーズン務め、2度目のJ1昇格に貢献してくれた石﨑信弘監督が退任となりました。
2016年11月25日
 J2・モンテディオ山形は20日、天童市のNDソフトスタジアムでセレッソ大阪とのホーム開幕戦に臨みました。
2016年3月25日
 モンテは10月24日の神戸戦に敗れ、J2降格が決まってしまいました。昨季はJ2の6位からプレーオフ(PO)を制し、4年ぶりのJ1復帰を果たしてくれましたが、「J1残留」の願いは叶いませんでした。
2015年11月13日
 6日にホームで行われた天皇杯全日本選手権の讃岐戦、あのシミケン(清水健太選手)が戻ってきました!
2015年9月11日
 拙コラムを1回お休みした間にモンテはなんと最下位に転落…。「最下位はダメだべ~」「何したの?」などの声が巷で渦巻き、サポ代表の一人として対応に四苦八苦している自分ですが、こんな時こそチームを鼓舞したいものです。
2015年8月14日
 う~ん、残念!サッカー女子ワールドカップ決勝。尾花沢市出身の佐々木則夫監督率いるなでしこジャパンを日本中が応援していましたが、米国代表の厚い壁に阻まれて2連覇はならず。
2015年7月10日
 20日のアウェー広島戦は1―5の大敗。前半だけで広島のFW佐藤寿人にハットトリックを決められるという惨敗でした。
2015年6月26日
 7日のホーム鹿島戦は今季最多の1万3000人の観客を集めましたが、結果は2―2の引き分けでした。
2015年6月12日
 2日にホームで行われた横浜マリノス戦は今季最高の1万2000人超の観客が見守る中、後半7分に石川のコーナーキックから西河が頭で合わせて先制。この1点をGK山岸を中心とした体を張った守りでしのぎきり、モンテは6試合ぶりの勝利を上げました。
2015年5月8日
 19日、モンテを運営する県スポーツ振興21世紀協会の理事長を務め、2008年のJ1昇格に貢献した海保宣生(かいほ のぶお)さんが亡くなりました。73歳。
2015年4月24日
 4日のホーム湘南戦は1―2で破れ、通算成績は1勝3敗になってしまいました。
2015年4月10日
 22日の川崎戦はホーム開幕戦。スタジアムにはこの日を待ちわびた約1万2000人のサポーターが駆けつけ、選手入場時のコレオグラフィーは山の形をバックに今季スローガン「山形総力戦」の文字を浮かび上がらせ選手を鼓舞します。
2015年3月27日
 7日のアウェー仙台戦は今季開幕戦。スタジアムは満員の1万9000人の観客で埋まり、1500人のモンテサポが駆けつけましたが、結果は0―2で敗れ、「みちのくダービー」を白星で飾れませんでした
2015年3月13日
【保存版】トップチーム選手・スタッフ名鑑&試合スケジュール
全国から集まり、山形県民の期待を背に高みを目指すのはこのメンバー。みんなで応援しよう!
2015年2月27日
 モンテの選手たちは千葉県館山でキャンプ中。ユニホームも替わり、心機一転、J1の戦いに挑もうとしています。
2015年2月13日
 新生モンテが19日から始動しましたが、それに先立ちモンテから他チームに移籍する選手が発表されました。清水健太、石井秀典、小林亮、常澤聡ら9人。いずれも山形の誇りをかけて闘ってくれた選手たちで、彼らが去っていくのには万感胸に迫るものがあります。
2015年1月23日
 やまコミ読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年のモンテはJ1です。チームへの声援はもちろん、スタジアムの熱気をそのまま紙面に伝えられるよう頑張りますのでこちらも声援よろしくお願いします。
2015年1月9日
 今季のモンテディオ山形はリーグ戦6位ながら下克上を制して4年ぶりのJ1復帰を決め、天皇杯では準優勝というダブルの快挙を成し遂げた。激闘の軌跡を振り返る。
2014年12月26日
 やりました! やってくれました! モンテディオ山形J1復帰!!
2014年12月12日
 23日のホーム東京V戦はリーグ最終戦、プレーオフ(PO)進出をかけ大一番。試合は1―2で敗れましたが、7位の大分も負けたため、モンテは6位でPO進出を決めました!
2014年11月28日
 悲願のJ1復帰に向けモンテがギリギリの戦いを続けています。9日のホーム福岡戦は2―1と逆転勝利し、ついにJ1昇格プレーオフ(PO)圏内の6位に再浮上しました!残りは2試合です!
2014年11月14日
 19日のアウェー岡山戦は4―1と快勝。今季初の連勝で、順位は8位から6位と昇格プレーオフ圏内に浮上しました!
2014年10月24日
 4日のアウェー岐阜戦は0―1で敗れ、またも連勝を逃がしてしまいました。順位は7位から8位に後退です。
2014年10月10日
 23日のアウェー栃木戦は押し気味に試合を進めるも結果は1―1の引き分けに終わりました。
2014年9月26日
 J2リーグも3分の2が終わり、昇格争いもいよいよ正念場。6日のアウェー水戸戦は1―0で勝利し、順位を10位に上げました。この試合で石﨑信弘監督は前半途中からシステムを変更、相手のサイドを押さえる陣形をとります。結果的にこの采配が的中します。
2014年9月12日
 17日に行われたホーム札幌戦は2―1と今季初の逆転勝ち。順位は9位に浮上しました
2014年8月22日
 モンテは3日にホームで大分と対戦、2―0で完勝して連敗を3で止めました! 
 連敗中とは思えない戦いぶりでした。後半14分、ロメロ・フランク選手がゴール前で冷静に相手をかわして逆サイドの伊東俊選手へパス、これを伊東選手があっさり決めて先制。後半ロスタイムには山﨑雅人選手がボールを奪うとディエゴ選手につなぎ追加点を挙げました。
2014年8月8日
 20日のホーム北九州戦は上位進出が狙える1戦でした。相手監督は柱谷幸一元モンテ監督、選手も前田和哉、下村東美、大島秀夫と元モンテの選手がズラリ。それだけに負けたくない相手でしたが、結果は1―2の逆転負けで後半戦黒星発進。
2014年7月25日