徹底して山形に密着したフリーペーパー

皆様に支えられ300号 ありがとうございます

2019年3月8日
 やまがたコミュニティ新聞は今号で300号を迎えることができました。これもひとえに読者の皆様のご愛顧とご支持によるものと深く感謝しています。
皆様に支えられ300号 ありがとうございます

 2006年9月の創刊から12年あまり。思い返せば創刊前、東京から山形に向かう新幹線の通路を進行方向とは逆に1号車から早足で歩き、乗客を一瞥(いちべつ)しながら「この人たちにやまコミは受け入れられるのだろうか」と自問していたことが頭をよぎります。
 知人から促され挨拶に出向いた山形新聞社で、初対面の役員の方から「やるのはいいが、もって半年だろうな」と諭された(?)ことも今では懐かしい思い出です。
 これまでの間、リーマンショックや大震災、消費税アップなど様々な逆風がありましたが、やまコミは月2回の発行を欠かしませんでした。
 部数も創刊時の7万部から17万部に、山形市が中心だったポスティングエリアも天童、東根、上山の各市、山辺町へと広げることができました。
 引き続き読者の皆様のご期待に応えられる紙面づくりを目指していきます。これからもよろしくお願いします。