徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形の誇り/ファン層、高齢者にも拡大を

2019年1月25日
 まずはお知らせから。編集長インタビューにも登場した「まっちゃん」こと松岡亮輔選手の移籍先がJ3藤枝MYFC(マイエフシー)に決まりました。藤枝MYFC監督は元モンテの石崎信弘監督ですから、戦術の理解はもちろん、人柄で溶け込むのは早いでしょう。引退後はモンテのスタッフとしてぜひとも山形に戻ってきてほしいものです。
山形の誇り/ファン層、高齢者にも拡大を

 さて、モンテは現在、静岡県御前崎で27日まで一次キャンプ中ですので今回は昨年舞い込んだ講演の話についてお伝えしたいと思います。
 「講演なんてやるんだ」「いったい何を話すの?」といった声が聞こえてきそうですが、あるんですよ、たまの依頼が。ほとんどが「スタジアムでの応援のやり方」といったものですが、昨年末にいただいた依頼は趣が大きく異なり、高齢者向けに「モンテを応援して健康になろう!」でした。
 会場はアズ七日町4階の中央公民館。集まったの65歳以上の高齢者ざっと80人。初めての講演内容なのでちょっと緊張しましたが…。

 話したのは、スタジアムに足を運ぶだけで運動になる、階段の登り降りで足腰が鍛えられる、スタジアムの周りには美味しいグルメがいっぱいある、試合中ボールを目で追うことで目を鍛えられる、スタジアムには若い人が多いので接していると気持ちが若くなる、などなど。
 最後は皆さんに立っていただき、手を頭の上でたたいて大きな声で「ヤマガタディオ!」コール!ホールに太鼓の音が響きます。そして皆さんご存知の「スポーツ県民歌」を歌って〆てきました。

 それまでスタジアムに足を運んだことがないという高齢者がほとんどで、応援の手拍子リズムを伝えることから始めましたが、講演が終わった後は「どうやったらチケット買えるのや」「バスでいげんのが」といった質問が寄せられ、思った以上に好評でした。若い人だけでなく、ファンの裾野を広げるには高齢者も狙い目かもしれません。


山形の誇り/ファン層、高齢者にも拡大を
藤倉 晶(ふじくら・あきら)

1975年南陽市生まれ。96年からモンテ応援団体「クラージュ」に参加、応援リーダーや会長を務める。現在はゴール裏応援団体連合「ULTORAS ACMY」代表。