徹底して山形に密着したフリーペーパー

モンテ 天皇杯4強!決勝進出かけ仙台と激突

2018年11月9日
 J1昇格は逃したモンテですが、10月24日に行われた天皇杯準々決勝でJ1首位の川崎を3―2で撃破する〝大金星〟を挙げ、準優勝した2014年以来の4強入りを果たしました!
モンテ 天皇杯4強!決勝進出かけ仙台と激突

 天皇杯に3位決定戦はなく、この時点でJ2優勝賞金と同額の賞金2000万円をゲット♪クラブの財政事情を考えれば嬉しいボーナスです。  しかも次の相手は絶対に負けられない因縁のベガルタ仙台。久しぶりの「東北ダービー」が天皇杯決勝進出をかけての試合になるとは思いもしませんでしたが、最高のお膳立てが整いました。  試合会場は仙台のユアテックスタジアムで、日程は12月5日(水)か16日(日)のどちらか。皆さん、ぜひスタジアムに足を運んでモンテに声援を送りましょう!

 一方、リーグ戦は11月5日にアウェーで岐阜と対戦。0―0の同点で迎えた後半34分、MF三鬼海のクロスにFW阪野豊史が滑り込み、相手GKのオウンゴールを誘いました。

 そのまま逃げ切って9試合ぶりの勝利。通算成績は14勝13分け13敗、順位は11位。次節は10日、アウェーで大宮と対戦します。

モンテ 天皇杯4強!決勝進出かけ仙台と激突

最終節は大分と

 リーグ戦も残り2試合。最終節はホームで行われ、相手は現在2位の大分です。このままだと大分がJ2優勝を決めるか、少なくともJ1自動昇格がかかる試合になります。
 これまでNDスタジアムで相手チームに胴上げされたことはありません。クラブ創立20周年、節目のホーム最後の試合をすんなりと相手の胴上げで終わらせるわけにはいきません。
 最終節の山形対大分といえば、思い出すのが1999年11月21日の試合。山形が土壇場で同点に追いつき大分がJ1昇格を逃した伝説の試合で、後にスポーツライター金子達仁さんの秀逸なルポルタージュ「秋天(しゅうてん)の陽炎(かげろう)」という本の題材に取り上げられています。


モンテ 天皇杯4強!決勝進出かけ仙台と激突
藤倉 晶(ふじくら・あきら)

1975年南陽市生まれ。96年からモンテ応援団体「クラージュ」に参加、応援リーダーや会長を務める。現在はゴール裏応援団体連合「ULTORAS ACMY」代表。