徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形の誇り/昇格遠のく引き分け

2018年10月26日
 21日のホーム福岡戦は2―2の引き分け。これで7試合連続で勝ち星から見放され、通算成績は13勝13分け12敗。順位は10位のままで、残り5試合しかないことを考えると、J1プレーオフ圏の6位以内はほぼ絶望的になってしまいました。
山形の誇り/昇格遠のく引き分け

 試合は2―1とリードして終盤を迎えますが、アディショナルタイムのまさにラストプレーで痛恨の失点!今季は終了間際に失点するシーンを何度も見せらせているだけに、スタジアムは「またか!」の雰囲気に包まれました。この試合は地上波テレビでも中継され、多くの県民も落胆したことでしょう。
 後半ロスタイムで失点し勝ちを失うのは6試合目。後期戦だけで4試合も。もちろん逆に得点した試合もありますが…。
 足が止まってプレスがかからず、簡単にゴール前にボールをいれさせてしまう。あるいはクリアボールが中途半端になり、ボールをキープして時間を使えないというケースが目立ちます。
 リードしていても「試合の終わらせ方」をしっかりしないと、これからズルズル順位を落としてしまうでしょう。粘り強いモンテをもう一度思い出し、順位を上げていって欲しい。

 この試合の結果、J1昇格の可能性は数字上は残っていますが、次節にも可能性はゼロに。いわば残りは消化試合ですが、その試合にも足を運んで応援するサポーターがいます。モンテのためにお金を出してくれたスポンサーがいます。
 残りどんな試合をするか?――。プロ選手、プロサッカーチームとして見せ場でもあります。


山形の誇り/昇格遠のく引き分け
藤倉 晶(ふじくら・あきら)

1975年南陽市生まれ。96年からモンテ応援団体「クラージュ」に参加、応援リーダーや会長を務める。現在はゴール裏応援団体連合「ULTORAS ACMY」代表。