徹底して山形に密着したフリーペーパー

全日本空手大会 山形市の小学生3人が優勝

2018年10月12日
 9月末に東京で行われた「第10回全日本型空手道選手権大会 型の部」で、山形市の空手道場・総合空手道神武館に通う小学生3人が優勝した。
全日本空手大会 山形市の小学生3人が優勝

 優勝したのは山形大附属小4年の永井樹くん(写真左)、山形市立滝山小5年の田宮いこいさん(同中央)、山形市立第九小5年の高橋琉玖斗くん(同右)。3人がチームを組んだ団体・小学生の部で優勝。永井くんは個人・小学4年生、田宮さんは個人・小学5年女子でも優勝した。
 神武館では3人のほか、4人の小中学生が準優勝、1人が3位と健闘した。同大会には全国の予選を勝ち上がった約300人が参加した。