徹底して山形に密着したフリーペーパー

2018夏 成人式特集

2018年8月10日
新成人の皆さん、おめでとうございます

1万1141人が新成人

 2018年に成人式を迎える県内の該当者は1万1141人。少子化の流れから前年より299人減っていますが、日本や世界の将来を背負って立つのは若者たち。明日にこぎ出す新成人たちを地域を挙げて祝福しましょう。

成人式はまちまち

 成人の日は「1月の第2月曜日」があてられていますが、成人式をいつ開催するかは市町村によってまちまちです。
 県内市町村の18年の開催日をみると、山形市、天童市など7市町が1月に実施済みですが、約6割にあたる22市町村では8月のお盆時期の実施を予定しています。

夏に成人式の理由

 なぜ夏の成人式が多いのでしょう?理由のひとつは雪。雪が降ると衣裳は汚れやすく、和装につきもののの下駄や草履では歩くのも困難に。さらに雪で交通が乱れることも考えられます。
 もうひとつの理由として、県外で暮らす人が参加しやすいということが挙げられます。お盆期間中なら学生は夏休み、社会人も休暇が取りやすいです。

最近のトレンドは?

 最近は、夏の成人式前にあらかじめ振り袖姿などの記念撮影をすまし、当日は華やかなパーティドレスやスーツで出席する人が増えているとか。
 県内市町村の18年の成人式スケジュールは以下の通りです。

2018夏 成人式特集