徹底して山形に密着したフリーペーパー

真理子先生の女性のミカタ/カンジダ膣外陰炎

2018年5月11日
 これから蒸し暑くなる梅雨時期に向け「あそこが痒くて痒くて…」という方が増えるはず。そう、厄介な「カンジダ」がいたずらする季節です。 

カビの一種

 カンジダは年間を通じて発症しますが、カビの一種なので高温多湿状態で活発になります。症状は皮膚がカサカサと赤くなり、乾燥して切れやすくなります。
 膣の中でカンジダが増えると、白くポロポロとしたおりものが出ます。症状が進むと、白いポロポロが黄色や緑色にもなります。

真理子先生の女性のミカタ/カンジダ膣外陰炎

身体が弱っていると

 梅雨時期のほか、季節の変わり目や、身体の抵抗力や免疫力が弱まった時も要注意です。
 特に今年は春先にインフルエンザが猛威をふるい、風邪も流行しました。病み上がりで身体が弱っていたり、中には治療で使った抗生物質がきっかけになったり。寝不足などが原因になったりもします。

陰部はこじれやすく

 カンジダは皮膚病ですので、全身のどこにすみついてもおかしくありません。柔らかい皮膚や粘膜が特に好きで、乳首や乳輪、口周りにも発症しますが、その中でも陰部は最もこじれやすい場所です。眠っている間に無意識に掻いてしまうからでしょうか。 

掻くのは禁物

 ご自身で気を付けることは、とにかく掻かないこと。掻くと余計に悪くなるばかりですから。それにかゆいからといってシャワーやウォシュレットを直接あてないこと、石鹸でごしごし洗わないことです。
 最近は抗真菌剤入りのソープもあります。ドラッグストアで有効な塗り薬や膣錠も売っています。繰り返す方で、なかなか病院に行けない方にお勧めです。


真理子先生の女性のミカタ/カンジダ膣外陰炎
真理子先生の女性のミカタ/骨粗しょう症~番外編~
院長 伊藤真理子
プロフィール

(いとう・まりこ) 1986年山形大学医学部卒業。山大病院、篠田病院を経て2005年6月に真理子レディースクリニックを開業。日本産婦人科学会認定産婦人科専門医。