徹底して山形に密着したフリーペーパー

<荒井幸博のシネマつれづれ> DESTINY 鎌倉ものがたり

2017年12月8日
笑って泣ける娯楽活劇

 「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎貴監督が、同作の原作者・西岸良平のベストセラーコミック「鎌倉ものがたり」を実写映画化した作品。

<荒井幸博のシネマつれづれ> DESTINY 鎌倉ものがたり

 鎌倉に居を構えるミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに嫁いできた亜紀子(高畑充希)。鎌倉では魔物や幽霊、妖怪などが人間と仲良く暮らしている。正和は本業の執筆活動に加え、鎌倉署の心霊捜査にも協力するなど忙しいが、生活は貧しい。
 家には100歳は優に超える家政婦キン(中村玉緒)のほか、編集者の本田(堤真一)は家族のよう。いつしか貧乏神(田中泯)が居座りはじめ、死神(安藤サクラ)も現れる。個性豊かなキャラクターばかりで騒がしく、結婚前の想像とは違ったものの、亜紀子は楽しい新婚生活を送る。

 だが、そんな楽しい日々は長くは続かなかった。ある日、正和が目を覚ますと、夫への愛に満ちた手紙を残して亜紀子の姿が消えていた。彼女は不慮の事故で亡くなり、黄泉(よみ)の国に旅立っていったのだった。
 失って初めて亜紀子への愛、亜紀子との時間がかけがえのないものだったことに気づいた正和は亜紀子の命を取り戻すため、黄泉の国へ敢然と向かうのだった――。

 山崎監督によれば、クレバーで可愛らしく、ちょっと抜けているところもある正和役には堺雅人さんしか考えられなかったとか。亜紀子は少女のようでいて母性も感じさせるキャラクターだが、高畑充希さんは見事に演じてくれたという。
 鎌倉名物の江ノ電、大仏、鳩サブレ―はもちろん登場するが、魔物や幽霊も跋扈(ばっこ)する鎌倉、そして壮大な黄泉の国の描き方は、映像とコンピュータグラフィックスを合成したVFX(視覚効果)と呼ばれる技術を駆使し、荒唐無稽(こうとうむけい)さにリアリティを持たせている。
 黄泉の国は中国にもロケハンしたが、岩手県の鉛温泉や大沢温泉もモチーフになっているとか。  笑って泣ける、家族で楽しめる感動娯楽活劇!


<荒井幸博のシネマつれづれ> DESTINY 鎌倉ものがたり
荒井幸博(あらい・ゆきひろ)

1957年、山形市生まれ。シネマパーソナリティーとして多くのメディアで活躍、映画ファンのすそ野拡大に奮闘中。現在FM山形で「荒井幸博のシネマアライヴ」(金曜夜15時)を担当。