徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形の誇り/引き分けもモンテに朗報が

2017年9月8日
 2日にホームで行われたファジアーノ岡山戦は1―1の引き分け。3試合連続のドローで4試合勝ちなし、通算成績は11勝11分け9敗で、順位は13位のままです。

 実は岡山との相性の悪さはサポーターの間では語り草で、これまでの対戦成績は2勝7敗、ホームでは4戦4敗と一度も勝ったことがない相手なのです。
 試合序盤はモンテがペースを握りますが、なかなかゴールを割れないでいた前半26分、コーナーキックからのパスをダイレクトに決められ、痛恨の先制を許してしまいます。1点リードされたモンテはなおも攻め立てますが、得点には至らず。

山形の誇り/引き分けもモンテに朗報が

 後半もモンテが主導権を握ります。同35分、MF佐藤優平のクロスにDF栗山直樹がヘッドで後ろにそらすように合わせてついに同点ゴール!
 この先はモンテが一方的に攻め込む展開で、終盤に強いモンテを信じて「もう1点」の応援が高まりますが、無情にも試合終了のホイッスル。
 試合は終始モンテペースでした。シュート数はモンテの11に対して岡山は1。それでも結果は引き分けで、これが相性の悪さなのでしょうか。

 残り11試合でプレーオフ圏内6位までの勝ち点差は6。今後は連勝が必要になってきますが、9月はホームゲームが残り3試合あり、地元の声援を味方に結果を出して欲しいところです。

 さて、サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めましたが、モンテにもビッグなニュースが飛び込んできました。青森山田高校からFW中村駿太選手が来季からチームに加入します!
 中村選手といえば、現役U18代表で、各世代別代表も経験しています。その逸材ぶりはスポーツ総合雑誌「ナンバー」はじめ多くのマスコミでも取り上げられています。
 「え、モンテに来てくれるの?ホント?」というのが自分たちの正直な感想。チームスカウト、偉いぞ!
 中村選手にはモンテで長く活躍し、東京オリンピック出場、モンテ初となる日本代表の座をつかんで欲しいものです。


山形の誇り/引き分けもモンテに朗報が
藤倉 晶(ふじくら・あきら)

1975年南陽市生まれ。96年からモンテ応援団体「クラージュ」に参加、応援リーダーや会長を務める。現在はゴール裏応援団体連合「ULTORAS ACMY」代表。