徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形市3蔵の地酒をPR 紅の蔵に「地酒の試飲機」登場

2015年7月24日
 山形市の蔵元と地酒を広くPRしようと、街中にぎわい拠点施設「山形まるごと館 紅の蔵」にハイテク機器(?)が導入される。
山形市3蔵の地酒をPR 紅の蔵に「地酒の試飲機」登場

 この機器は「有料試飲機・100円銘酒蔵MG-6N」。本体の庫内には6本の一升瓶がセットでき、ゆっくり回転しながら左党を誘う。お好みの日本酒が見つかれば備え付けカップを注ぎ口に置き、選んだ銘柄のボタンを押すと瓶の口と連結したワンショットメジャーから30ミリリットルが注がれる仕組み。
 庫内にセットするのは山形市に本社がある男山酒造、寿虎屋酒造、秀鳳酒造場の地酒。試飲機のお披露目は8月4日で、当日は地酒の試飲やうれしいプレゼント企画もあり。

山形市3蔵の地酒をPR 紅の蔵に「地酒の試飲機」登場