徹底して山形に密着したフリーペーパー

おーばん(天童市)桜田南に新店舗/23日開業 県内11店目

2014年10月24日
 村山地区を地盤とする食品スーパーのおーばん(天童市、二藤部洋社長)は23日、山形市桜田南2に「おーばん桜田南店」をプレオープン、25日にグランドオープンする。
おーばん(天童市)桜田南に新店舗/23日開業 県内11店目

 店舗面積は1847平方メートル、駐車場スペースは119台分。営業時間は午前10時から午後10時まで。店舗に隣接して銀行ATMコーナー、クリーニングのロイヤルネットワーク(酒田市)が営業する。
 おーばんは1972年に創業した精肉店が前身。食品スーパーとしては82年に尾花沢市で1号店を開業して多店舗化に乗り出した。「桜田南店」は11店舗目で、山形市では山形東店、山形嶋店に続き3店目。来年秋には上山市、2年後には天童市に出店する予定。
 おーばんは2010年に置賜地区を地盤とするうめや(長井市)と経営統合しておーばんホールディングスを設立、おーばんホールディングスは今年10月には同業のマエダ(青森県むつ市)、マイヤ(岩手県大船渡市)、キクチ(福島県相馬市)と経営統合した。