徹底して山形に密着したフリーペーパー

山形の誇り/W杯とモンテ、山形

2014年6月27日
 サッカーのワールドカップ(W杯)が盛り上がっていますが、今回のW杯、実はモンテや山形も無縁ではありません。
 日本代表23選手中13選手がJ2経験者。伊野波雅彦選手はJ2ジュビロ磐田の現役選手、香川真司選手はJ2セレッソ大阪時代にNDスタでモンテと対戦しています。
 長友佑都選手はFC東京の練習生時代に山形市陸上競技場でプレーしました。当時は平山相太選手(元日本代表)と茂庭照幸選手(同)ばかりに注目していたことが悔やまれます。ちなみにその時の試合で活躍したリチェーリ選手は翌年モンテに入団しています。
 山形の誇り/W杯とモンテ、山形

 注目はブラジル代表のフッキ選手。05年から08年までJリーグでプレーし、07年はJ2で42試合37得点と大暴れ。もちろんモンテとも対戦しており、モンテの選手が組織で守ってもフッキ1人にかなわなかった試合が忘れられません。
 フッキは09年ブラジル代表に。親日家で知られ、東日本大震災の3日後に海の向こうの試合でゴールを決めた時、喜ぶことなく警告覚悟でテレビカメラに向かってユニフォームを脱ぎます。下に着ていたTシャツには「日本、私の心は泣いている。我々は皆さんとともにある。ともに戦おう」というメッセージが書かれていました。

 4年後のW杯に出場する日本代表が今年のJ2に潜んでいる可能性もあります。28日は県民応援デー。対戦相手は元日本代表の松井大輔選手、前田遼一選手、駒野友一選手を擁する磐田です。


 山形の誇り/W杯とモンテ、山形
藤倉 晶(ふじくら・あきら)

1975年南陽市生まれ。96年からモンテ応援団体「クラージュ」に参加、応援リーダーや会長を務める。現在はゴール裏応援団体連合「ULTORAS ACMY」代表。