徹底して山形に密着したフリーペーパー

続・レトロやまがた再発見/(46)山辺町ふるさと交流センター「あがらっしゃい」(山辺町)

2013年8月9日
 JR羽前山辺駅前から西に5分ほど歩いていくと、2つ目の十字路の左手に装いも新たな純和風の建物が目に飛び込んできます。この建物は江戸末期か明治初期に建てられた旅籠(旅館)で、つい近年まで古色蒼然(こしょくそうぜん)とした姿で大通りに面していましたが、リニューアルが施され先月27日にふるさと交流センター「あがらっしゃい」としてオープンしました。
続・レトロやまがた再発見/(46)山辺町ふるさと交流センター「あがらっしゃい」(山辺町)

 この施設の南隣にあるのが「ふるさと資料館」。座敷蔵など3棟の豪壮な土蔵と広く優美な庭園からなる旧豪商屋敷を活用した施設で、書画、染物、織物などが展示され、紅花と青苧などの取引でおおいに栄えた豪商の栄華を偲ばせてくれます。
 
 あがらっしゃいの1階は資料館を訪れた人や商店街で買い物中の町民らが立ち寄り、憩いながら交流できる場として開放されています。また2階は昔の旅籠の趣を伝える和風の研修室、ミニギャラリーとして利用できます。

続・レトロやまがた再発見/(46)山辺町ふるさと交流センター「あがらっしゃい」(山辺町)
山形歴史たてもの研究会
小林 和彦