徹底して山形に密着したフリーペーパー

訪ねてみたい 山形の宿(20)/—天童温泉— ほほえみの宿 滝の湯 

2011年11月25日
 今年開湯100周年を迎えた天童温泉と同じ歴史を持つのが明治44年創業の「ほほえみの宿 滝の湯」。言わずと知れた天童の名門旅館です。
訪ねてみたい 山形の宿(20)/—天童温泉— ほほえみの宿 滝の湯 
 豪華な外観にまず圧倒され、広々としたロビー、そこからのぞく美しい日本庭園にも感激。案内されたのは純和風の落ち着きと風格を感じさせる数寄屋造りのお部屋。ここでは将棋のタイトル戦も行われると聞いてビックリ!
 窓からは人間将棋で有名な舞鶴山も臨め、いたるところに「将棋のまち」を感じます。
 浴衣に着替えてさっそく温泉へ。女性用の「紅の湯」、男性用の「藍の湯」ともに1000平方メートルの広さ。露天風呂もあり、ゆったり温まってお肌はツルツル。
 夕食の和食会席膳がこれまた豪華。海の幸、山の幸がふんだんに使われていて、繊細な味付けです。これからの季節は庄内浜のアワビ蒸しがお勧めとか。
 朝食は50種類近くのバイキング。思わず目移りしてしまいます。
 そんな豪華づくしの滝の湯さんですが、エコにも取り組んでいます。自家農園で無農薬有機野菜を栽培し、夕朝食でいただくお野菜にも使われています。農園で使用する堆肥は旅館から出る生ゴミを使っているとか。サスガですね。
訪ねてみたい 山形の宿(20)/—天童温泉— ほほえみの宿 滝の湯 
11/25

ほほえみの宿 滝の湯
〒994-0025
山形県天童市鎌田本町1-1-30
TEL 023-654-2211
■1泊2食料金/平日お一人様15,900円~(スタンダード2名1室利用時)■客室/89室■泉質/ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉■効果/動脈硬化・きりきず・慢性皮膚病・神経痛・冷え性・美肌
11/25