徹底して山形に密着したフリーペーパー

荒井幸博のシネマつれづれ

荒井幸博のシネマつれづれ
荒井幸博(あらい・ゆきひろ)

1957年(昭和32年)山形市生まれ。山形中央高校、東北学院大学卒業後、地元銀行、自主上映及び映画館スタッフなどを経て95年に独立。シネマ・パーソナリティーとして数多くの地元メディアで活躍、映画ファンのすそ野拡大に奮闘中。
とんでもない深い映画
2015年4月24日

 宮部みゆき最高峰の映画化

2015年3月13日
2世俳優の枠超える
2015年2月27日
生と死、愛憎、罪と赦し
2015年2月13日
聞け!俺たちの交響曲
2015年1月23日
実在した伝説のチーム
2014年12月12日
ユーモアと大雅量と
2014年11月28日
菅田将暉の演技に注目
2014年11月14日
師弟・夫婦・家族の愛
2014年10月10日
周防監督、構想20年
2014年8月22日
ゴジラと山形、東北
2014年7月25日
山形在住作家が原作
2014年6月27日
4人の父親が快刀乱麻
2014年5月23日
歩くことで紡ぐ友情
2014年3月28日
震災と家族再生を描く
2014年3月14日
山形にも嬉しい黒木受賞
2014年2月28日