徹底して山形に密着したフリーペーパー

芸能人でなくても歯は命

政宗デンタルクリニック院長
中山伊知郎(なかやま・いちろう)先生
芸能人でなくても歯は命
2006年東北大学歯学部卒業。東北大学歯学部病院口腔外科、金沢大学医学部附属病院歯科口腔外科などを経て10年から現職。
 東北楽天イーグルス、日本一おめでとうございます!今回は楽天の日本一にちなんで、スポーツと歯科との関わりについてお話ししましょう。
2013年11月8日
 歯が喪失してしまう原因は大きく分けて歯周病と虫歯の2つです。
2013年10月11日
 「妊娠・出産時にはカルシウムが必要で歯が弱くなる」という話を聞きますが、実はこれ、真っ赤なウソ!歯が弱くなるのはお口の手入れを怠っているからです。
2013年9月13日
 高齢化に伴い医療費は国民所得を上回るペースで増え続けています。年齢別の医療費負担は65歳以上が全体の2分の1、45~64歳までが4分の1を占めます。では歯の数と医療費とは関連性があるでしょうか?
2013年8月9日
 65歳以上の要介護原因の第3位に転倒・骨折があります。転倒して大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ)骨折を起こすと1年以内の死亡率は10%にも達します。骨折による二次的変形は、寝たきりや慢性腰痛の原因となり、介護の必要性が高くなります。
2013年7月12日
 超高齢社会を迎えている現代、認知症患者は増加の一途をたどっており、現在では全国で220万人に達しているとされます。そして認知症と歯とは浅からぬ関係があるのです。
2013年6月14日
 初対面の人の第一印象は6秒で決まり、その判断材料の7割までが「歯並び」にあるという調査結果があります。
2013年5月10日
 悪い歯並びをきれいに治す治療が矯正治療ですが、矯正治療だと邪魔な歯を抜かなければいけないと思っている方が多いようです。
2013年4月12日
 入れ歯の話の最後はお手入れについてです。
2013年3月8日
 今回は入れ歯の種類についてお話しします。
2013年2月8日
 今回から「入れ歯」の話を3回に分けて。初回は歴史です。
2013年1月11日
 今回は甘味料のキシリトールのお話です。
2012年12月14日
 一般に成人の歯は上下左右7本ずつの計28本です。「親知らず」がある人もいますが、あくまで一般的には28本です。
2012年11月9日
 今回は蓄膿症(ちくのうしょう)と歯との意外な因果関係についてのお話です。
2012年10月12日
 顎関節症(がくかんせつしょう)は若い女性に多くみられます。自然に治る軽症のものから、仕事はおろか日常生活にも支障が出る深刻な症状もあります。
2012年9月14日
 「親知らず」は前歯の真ん中から数えて8番目の歯で、「第三大臼歯(だいきゅうし)」「知歯(しち)」とも言います。
2012年8月10日
 相手の口臭がキツくて顔を背けた、あるいは自分の口臭が気になり距離をとって話したといった経験はありませんか?
2012年7月13日
 ピアスやネックレスをして痒くなったり、かぶれたりする「金属アレルギー」はよく耳にしますが、ごくまれに口の中で金属アレルギーが出る方もいらっしゃいます。
2012年6月8日
 失った歯の機能を人工的に回復させる方法として歯の移植とインプラント治療がありますが、2つの違いについてよく質問を受けます。
2012年5月11日
 女性にとって身体の悩みといえば肩こり。その原因として「TCH」が指摘されています。
2012年4月13日
 インプラントと天然歯の違いをご存知ですか?
2012年3月9日
 先日、あるテレビ番組でインプラント治療における問題がいくつか紹介されていました。実際に治療を預かる立場として、治療で起こりうる偶発的出来事と対処法についてご説明したいと思います。
2012年2月10日
 今回は数年前から急速に普及している電動歯ブラシのABCです。
2012年1月13日
 虫歯の予防にはフッ素(フッ化物)入りの歯磨剤が有効とされます。
2011年12月9日
 最近、歯を白くする「ホワイトニング」についての問い合わせが多くなってきました。
2011年11月11日
 ツラい歯の痛み。実は歯の痛みには2つの種類があるのです。
2011年10月14日
 前回は糖尿病と歯周病との関連についてでしたが、今回は循環器疾患と歯周病との関連です。
2011年9月9日
 歯周病といえば単なる口の病気ととらえられがちですが、最近になって様々な病気と密接にかかわっていることが報告されています。
2011年8月12日
 咬む力のことを専門用語で「咬合力(こうごうりょく)」と言います。皆さんはこの咬合力がどれくらいのものかご存知でしょうか?
2011年7月8日
 歯の病気で一般的なのは虫歯、歯周病などですが、これらの病因の多くは細菌感染です。これとは別に、歯にかかる力が強すぎたりすると不具合を生じることがあります。
2011年6月10日